So-net無料ブログ作成
検索選択

TASCAM BS-30 [楽器・機材紹介]

久しぶりの機材紹介は、ベース・アンプシミュレーターのTASCAM BS-30です。20年以上前に知人から譲り受けたもので、当時としては珍しい(日本初の?)アンプシミュレーターです。もちろん、アナログ回路です。

TASCAM BS-30

回路は、3バンドのイコライザーの他、Hi BOOST、LIMITER、TURBOのON/OFFボタンがついてます。TURBOは特定の周波数にリミッター+ブーストをかける機能で、周波数を選ぶためのノブとセットで使います。Hi BOOST、LIMITERはON/OFFのみで調整できません。

TASCAM BS-30 knob

アンプシミュレーターといっても、音の輪郭を際立たせるのが目的のようで、本物のアンプのような調整範囲の広い音作りはできませんし、ドライブ回路もないので歪みも作れません。ベースをミキサーに直接つないでライン録りした時のこもった音を避けるための機材のようです。

ベースはギターと違ってアンプシミュレーターがなくても、それなりに音が録れます。なので、昔は直結で録っていたのですが、それを見かねた知人がこの機材をくれました。音が劇的に変わるわけではないですが、とても気持ちよく弾けるようになりました。また、ミックスした時にベースの存在感がアップします。それ以来、ベース録りには必需品です。また、シンセのベース音にも有効です。

で、BS-30の紹介のためにベース・ソロを録りました。年の瀬なのでメロディーはベートーベンの第9です。ベースは苦手なので、2、3弦の開放弦と1弦ハイポジションのメロディーを同時に弾く簡単なアレンジを考えてみました。ベースは、別の知人から譲り受けたいつものやつです。

◆Bass Solo with TASCAM BS-30


一応、差が分かるようにBS-30を外して直結で録った音です。あまり差はないですが、音の輪郭の違いは分かるかと思います。

◆Bass Solo without TASCAM BS-30

 (製作期間 : 2014年11月)

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 4

rimix

ベースもライン録り用の機材があったんですね?
ほんと、輪郭が引き立ちますね。
地味に活躍するコンプみたいですね。
これ、ベースギターのみで指引きですか。
何も言われなければ、ベースとガットギターかな?と思っちゃいますね。
by rimix (2014-12-06 17:17) 

ok-rock

>rimixさん
この機材、地味ですでけど、あるとないではミックスの仕上がりが全然違うんですよ。ただでもらっちゃったのに、とても役に立ってます。
演奏はベースのみで、親指で2、3弦、人差し指と中指で1弦を弾いてます。
by ok-rock (2014-12-07 17:16) 

ricbassyokohama4003

ご無沙汰です!
詳細な紹介をありがとうございます。今でも大切に使ってもらってとても嬉しいですよ。しかも今まで壊れないで使えてきたとしたら結構すごいですね。
この機器の特徴や使い方は仰る通りで,音作りには物足りなくて,当時別にプリアンプを購入したので譲ったと思います。
確かに音に違いが出ていますね(完全に使いこなしているね!)。でも,これ本当にベースだけで弾いたのですか? どんな音作りなのか知りたいですね。メロディの部分はアコースティックギターの音としか思えないよ。この辺もさすがですね。
by ricbassyokohama4003 (2014-12-13 19:24) 

ok-rock

>ricbassyokohama4003さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
タダでももらっちゃって、今さらですがありがとうです。まだまだ新品同様で活躍してます!
音作りは特別なことはしてませんよ。2音同時に弾いているので、綺麗に音を出すのに指の加減は苦労しましたけど、、、。
設定は、ベースはフロント10、リア7ぐらいでピックアップをミックスして、BS-30は写真の通りの設定です。後はミックス時にリバーブとディレイを足しました。
では、また!
by ok-rock (2014-12-13 22:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0