So-net無料ブログ作成
検索選択

"第9交響曲" ベートーベン(Guitar Ver.) [ギター演奏]

今回はベートーベンの第9交響曲の有名なメロディーをギター中心のオリジナル・アレンジにしてみました。

先日、機材紹介を兼ねて、このメロディーをベースで演奏しましたが、実はこのアレンジの準備をしている時に録ったものです。お聴きすると分かりますが、今回はベースが活躍するアレンジにしました。

昨年もこの曲をアップしていますが、昨年のバージョンは、ベートーベンというよりも、それを元にしたレインボウの"Difficult To Cure"のカバーでした(カバー曲のカバーですね)。実は、昨年もベートーベンを元にアレンジをしようと思ったのですが、交響曲の楽譜を解読するのはとても難しく、そうそうにギブアップをしてしまいました。長大な楽譜の量に圧倒されますし、また楽器によってト音記号ともへ音記号とも違う記譜法に基づいているため、各パートの音程を読み取るだけでも大変です。

第九交響曲楽譜

今回はリベンジと言うことで頑張って譜面を読み解いてアレンジをしました。テーマを4回繰り返してますが、最初の3回はベートーベンの楽譜通りの演奏です。弦楽器による最初の主題提示部で、楽器をギターとベースに置き換えて演奏しています。譜面読みに時間がかかってしまい、年末、ギリギリになってしまいました。そして、最後の一回は聴いてのお楽しみで!

演奏ですが、ドラムとファゴット(バスーン)は打ち込み。ベースは、基本、指弾きでライン録り。アコギの伴奏はマイク(Rode NT1-A)録り。エレキギターは、基本的にストラト+Line 6 Podであれこれと音作りをしてます。パート数も多いですが、同じパートも2回重ねるなどで、最大8パート重なってます。最後にリズムが入ってからのみ、フライングVのバッキングと自分にしては珍しいベースのピック弾きをしてみました。

と言うことで、まだまだやり切れてませんが、12月中に公開しないと意味がありませんので時間切れ。でも今年、最高の力作にはなりました。では、お聴きください!

 

 (製作期間 : 2014年12月)

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 11

コメント 6

rimix

力作ですね!
3回目までは、ボレロを連想しました。
4回目でどこまで重なるのか?と思いましたが、良い方へ裏切られ、これぞok-rockVerでしょうか?
ハードなVerはもう一回繰り返しても…いや、少し短いと感じる このままでいいですね。
楽しませていただきました。(*^^)v

by rimix (2014-12-21 17:07) 

ok-rock

>rimixさん
はい、力作です。とは言っても譜面を読むのに時間がかかっただけで、アレンジや録音は時間切れで、それなりになってしまいました。また、来年にリベンジかもしれません(笑)
ベースからは入っていくのは度胸がいるアレンジですよね。ボレロほどではないですが、メロディーが良いからできるのでしょうね。さすが、ベートーベンさんです。
by ok-rock (2014-12-22 23:54) 

KOVCH

ok-rockさん、こんばんは。
やはり年末は第九ですね
一人オーケストラも面白そうですね^^
by KOVCH (2014-12-27 21:29) 

ok-rock

>KOVCHさん
コメントありがとうございます。
今年も第九をやってしまいました。来年やりそうです(笑)
一人オーケストラ、楽しいですけど、録音は大変でした。
by ok-rock (2014-12-27 23:24) 

おさかな♪

これはすごい…!
相当楽譜を読み込まれたんですね♪♪♪
私はセカンドバイオリンで第九オケに参加させて戴いたことがあるのですが、
メインメロディー以外の裏メロディーの奥深さに萌えます^^☆
ok-rockさんの演奏で、ラスト4回目に入る直前の「ちゃ~ら~ら」で鳥肌が立ちました!完成度高すぎです♪
by おさかな♪ (2014-12-31 23:46) 

ok-rock

>おさかな♪さん
お褒めいただきありがとうございます!
実際に第九を演奏されたとはスゴいですね。そしてうらやましい!
この曲、各パートの完成度が高いですよね。譜面を読み込んで始めて気付きました。自分も録音を重ねながら萌えました(笑)
時代的にバッハに通じるものがありますけど、それをこんなにシンプルに聴かせるベートーベン、やはり偉大ですね。
by ok-rock (2015-01-01 10:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: