So-net無料ブログ作成

音楽歴② 高校生時代1 [連載読み物]

少年時代の音楽の話。前回はFMラジオで海外のポップスやクラシックを聴きつつ、自作自演の作曲者への道を夢見てた中学生時代の話でした。その続きで、今回は高校生になります。
 
 前回のお話はこちら → 音楽歴① 中学生時代
 
当時、洋楽は一部の有名どころを除くと、まだまだマニアの世界で自分もありきたりのヒット曲しか聴いてませんでした。しかし、高校生になると、周囲にコアな音楽ファンも出来てますし、こずかいやバイト代でレコードが買えるようになります。また、プロモーション・ビデオも出始めて情報も増えてきました。

当時の同世代はレッド・ツェッペリンのファンが多かったと思いますが、自分は相変わらずヒットチャートに出てくるポップス系の曲を雑多に聴いてました。アバ(ABBA)、シーナ・イーストン、ブロンディー(デボラ・ハリー)などクセのある女性ボーカルが好みで、この傾向は今でも変わりません。

一つ目の転機は、始めて行ったライブのアバの武道館公演です。アバは言うまでもなく当時全盛期の世界的なヒットメーカーです。壮大で完璧なライブに打ちのめされて一気に音楽にのめり込むきっかけとなりました。この公演は、武道館のアリーナに壁になるほどの機材を持ち込んて実現した大音量や6日間講演をすべて満席にするなど、今でも語り草になっているようです。初めてのライブ経験としてはラッキーな経験でした。アバについては売れ線狙い的な批判も多いですが、自分としてはコンパクトでツボを押さえた職人的な曲作りに共感しました。今でも大ファンです。

"Voulez Vouz" ABBA
 
 
次の転機は、エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)の"Xanadu"です。これは同名のミュージカル映画のサントラです。主演が中学の頃からファンだったオリビア・ニュートン・ジョンだったため映画を見に行ってサントラにほれ込みました。それからELOのファンになりました。ELOは、ロックバンドにバイオリンとチェロを加えた編成でポップな曲をやっていて、70年代のアメリカで最も売れたバンドだそうです。ただ、この頃にはバンドは解散状態で、リーダー(ボーカル&ギター)のジェフ・リンがシンセも駆使してバンドっぽい演奏をしています。ギターとシンセ以外の楽器もほとんど彼が弾いていたようです。

"Xanadu" Olivia Newton-John, ELO
 
 
また、次のアルバム"Time"では、宇宙をテーマにしたコンセプト・アルバムで、よりシンセが活躍するポップスになっていて、自分ではベスト5に入る大好きなアルバムです。前回の3枚といい、やっぱり宇宙です。自分の3rdアルバムはこのアルバムへのリスペクトとなっています。ただし、最近、インタビューを読んで知ったのですが、ジェフ・リン自体はバンド解散状態で契約をこなすために仕方なく一人で作ったそうで大嫌いなアルバムだそうです。このアルバムを目標に何年もやってきた自分としては複雑な思いです。

"Time" Electric Light Orchestra
 

そして次に転機となったのは、ジャーニー(Journey)のアルバム"Escape"を買ったことでした。このアルバムの最初のシングルは、"Who's Crying Now"というスローバラードなので、今まで聴いていたポップス系の延長で買ったと思いますが、ここで初めてニール・ショーンの弾くギターに打ちのめされました。曲自体はシンセも活躍していてポップなものが多いですが、その中で彼のギターは縦横無尽の超早弾きとメロディアスな演奏のバランスがとてもカッコよいです。

"Escape" Journey
 

時期は多感な高2です。ここから、ハードロックとエレキの世界の扉を開けることになります。続きはまたいつか、、、。


nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 25

コメント 6

rimix

ABBAと言ったら、私は Dancing Queen ですかね。
綺麗なメロディーで、今聞いても初めて聞いた中学時代を思い出します。
その頃は、オリビアニュートンジョンも聞いてましたよ。
ELOは聞きませんでしたが、Journey は、Wheel in the Sky が最初でした。中学の時に聞いた記憶があるので、Infinity が出たばかりだったのかもしれません。
いや~懐かしいですね。
by rimix (2016-06-12 17:00) 

saia

知っています!
ABBAもオリビア・ニュートン・ジョンも、ELOも、ジャーニーも!
今回もこれらをYouTubeで聴いてきました。
わ~ok-rockさん、こんなような音楽を聴いていた高校生だったのですね!
ところで、今朝インスタグラムを見たら、ワンオクとベビメタが一緒に写っている写真がアップされていて、テンション上がっちゃいました!
パリのDownload Festivalで昨日2バンドとも出演した時に記念写真を撮ったみたいです!
これはもう、事件です!
今や世界を走る日本のTop2バンドが・・・
こんな日が来るなんて。。。(ノД`)・゜・。ウルウル

by saia (2016-06-12 17:52) 

ok-rock

> rimixさん
コメントありがとうございます。
rimixさんはディープパープル、ツェッペリンのイメージがありますが、自分と同じようにポップスも聴かれてたんですね。
rimixさんは中学時代からなので自分より早いですね。前回、書いたように自分の中学時代はまだクラシック系を聴いていたので、ポップス・ロック体験はrimixさんより3年ぐらい遅いようです。
なので、JourneyもInfinityあたりは聴いてないのです。
by ok-rock (2016-06-12 21:26) 

ok-rock

> saiaさん
コメントありがとうございます。
saiaさんもすべて御存知ですか。また、わざわざYouTubeを聴いていただきありがとうございます。自分のことのように嬉しいです(笑)
今回のバンドは、それぞれちょっと傾向が違うので、全部、知っている人がいるとは思いませんでした。saiaさんとは音楽の趣味が似ているのかもしれませんね。
ベビメタとワンオク、海の向こうで同じフェスに出演していたんですね。スゴイなー。ラインナップを見ましたが他も豪華ですね。羨ましいです。
ところで、日本でもロックインジャパンに両バンドがでますけど、残念ながら日にちが違いました。同日なら絶対に行きますけど!
by ok-rock (2016-06-12 21:38) 

みーる

あー 懐かしいですね ブロンディーのコールミーは好きですよ あの歌い方も まースゴイのでした(笑
by みーる (2016-06-13 10:29) 

ok-rock

> みーるさん
コメントありがとうございます。
そう、あの歌い方が大好きでした。、ちょっと調べたら、ブロンディーはまだ現役なんですね。ビックリです。
by ok-rock (2016-06-13 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0