So-net無料ブログ作成
検索選択

"Believe In Yourself"製作メモ [オリジナル曲:制作中]

先週公開したオリジナル曲の"Believe In Yourself"に関する雑記です。いつものように、つらつらと書いてみます。 
 

今回は普通の曲を目指したので、音色もピアノ、エレキピアノ、オルガン、シンセ・ストリングスとあえて普通の音色をメインに使いました。一つだけこだわったのがバスドラムです。ポップス系の曲ではRoland TR-909系の音色の4つ打ちが全盛ですが、それをおとなしくした感じの音を狙いました。 

プラグイン・シンセやサンプリングの膨大なライブラリーから選べば、それっぽいのはいくらでもありますが、今回はあえてハードシンセのRoland XV-3080の音色から作り込みました。とは言っても2つの音色を同時に鳴らしているだけです。一つは、50Hzぐらいのドスっと体で感じる低音が出たもの、もう一つは他の楽器が重なっても埋もれずに聞こえるペタっと皮鳴りが聞こえる音色です。2つの音色を微妙なブレンドで混ぜてみました。 
 
Believe In Yourself_Drums 
 
違いが分かるようにサビのパターンから抜粋してみました。始めは、バスドラそれぞれの音、ミックスした音、他のドラムの音も混ぜた基本パターンを順番に4小節づつ、最後にベーシック・トラックのミックスです。音色は微々たる差ですが曲調を左右する肝だとは思います。 

 
 
その他の全トラックの構成です。
 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 2トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 10トラック
 パーカッション・サンプルループ : 1トラック
 アコスティック・ギター: 1トラック
 エレキ・ギター: 1トラック
 ボーカロイド : 4トラック
 
Believe In Yourself_Trucks 
 
この後は独り言みたいな内容ですが、、、。 
今回は、自分の好きな「普通」な曲を作りました。作曲に限らずどんなことでもそうですが、普通ほど難しいとも言えます。普通ではない曲、つまり、突如出てきた若者が新しい音楽・ジャンルを切り開く、、、と言うのは凡人には絶対にできませんが、かと言ってちまたに溢れている普通のヒット曲も難しいです。 

J-POPでもアイドルのミリオンセラーになるような曲は普通の曲が多いです。なんとなく、どこかで聞いたことがあるような曲だったりするので自分でも作れるような気がしますが、実際には一流のプロがチームを組んで製作しているだけあって、作品のクオリティーとしてはとても高いです。やっぱり素人にできることではありません。 

ただ、同じクオリティーは無理にしても、作曲を習得する上ではとても参考になります。普通と言うことは定番の手法を用いているので基本に忠実とも言えます。どのような事でも基本を習得せずに難しいことをやるのは無理なので、いろいろと壁にぶち当たったら基本に戻るのが良いかと思います。 

今回は、そのような思いもあり基本に戻って作ってみました。イントロからエンディングまで曲の展開はポップスの定番中の定番の流れになっています。その他、リズムやコードなども奇をてらった物は全くありません。 

と言うことで、一旦、基本に戻ったところで、次回作で一皮むける作品を作りたい、、、とは思います。 

(製作期間 : 2016年4月~6)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 27

コメント 2

saia

バスドラムにこだわったとのこと、やっぱりとうなずけました!
この曲を初めて聴いた時、この曲の印象を決定づけているのがバスドラだとすぐ気がつきました。
杏里さんの「悲しみがとまらない」を彷彿させるようなバスドラ・・・
あ、だからカラオケで歌われそうな曲って感じたのかもしれませんね。
「悲しみがとまらない」は今もカラオケでは結構歌われているようですし。
でももちろんok-rockさんのこの曲の方が、今っぽいアレンジであることは間違いありませんが‎(๑•̀ㅂ•́)و✧
「何となくどこかで聞いたことがあるような曲」でありながら時代に乗ったアレンジ、ってすごーい! と思います♪♪

by saia (2016-06-27 00:29) 

ok-rock

> saiaさん
コメントありがとうございます。
バスドラ、気が付きましたか。さすが、今時の音楽も詳しいsaiaさんですね。
やはり、リズム、特にバスドラの音色や入れ方でアレンジは決まってしまいます。特に、時代的に古い、新しいの差はバスドラで顕著に分かります。
「悲しみがとまらない」懐かしいですね。改めて聴くと当時の歌謡曲としては珍しい4つ打ちのバスドラなんですね。確かに、当時は新しい感じがしました。今さらながら気が付きました。
今回は今っぽいのを作りましたがB級です。いつかはA級、神曲を作りたいです(笑)

by ok-rock (2016-06-27 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: