So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽歴⑤ 大学生時代2 [連載読み物]

音楽・ギターを始めた頃の昔話の続きです。今回はエレキの初心者ながらも作曲を始めた大学生活です。
 
  前回のお話はこちら → 音楽歴④ 大学生時代1
 1回目のお話はこちら → 音楽歴① 中学生時代  
 
春休みにエレキを購入し大学生活へ進みました。とは言っても授業の多い理工科系ですし、音楽とは関係ない部に入ったり(やり切れなくなって秋にはやめましたが)で、そうそう音楽三昧という訳にはいきませんでした。ただし、遠距離通学だったこともり、レンタル・レコードからカセットにダビングして、当時、出たてのウォークマンを買って、とにかく音楽を聴きまくってました。

当時は、MTVでもたくさん取り上げられるほどハードロック/ヘビー・メタルのブームで、同時にギタリストが脚光を浴びる時代でもありました。今思うと、タイムリーな時期にギターを始めたと思います。前回、取り上げたMSGやアイアン・メイデンは引き続き大好きでした。当時、ギタリストとしてはMSGのマイケル・シェンカーが好きで、彼が過去に在籍していたバンド、UFOは曲がバラエティーに富んでいてとても好みでした。

"Strangers In The Night" UFO
 
 
 ボン・ジョビ(Bon Jovi)もデビュー時から今でも好きなバンドです。アメリカ的なカラッとしたロックと哀愁の帯びたメロディーのバランスがとても良いです。 
 
Bon Jovi
 Bon Jovi
 
 ギタリストとしても作曲者としても好きなのがゲイリー・ムーア(Gary Moore)です。音楽性の広い人ですが、当時はブルース色を抑えたメロディー重視のハードロックをやっていて、自分の好みにピッタリでした。
 
"Corridors of Power" Gary Moore
 
 
いずれもギターバンドでありつつも曲重視で聞いてました。エレキもそれらの曲を中心にコピーの練習をしてました。
 
そして、エレキを始めて2年目(大学2年生)から念願の作曲を始めます。曲と言っても、始めの10曲ぐらいは、今聴くと「何これ?」と言った感じです。当然、まだエレキ初心者だったのでろくに弾けませんし、作曲はもっとどうにもなりませんでした。ただ、エレキの練習にもなったし得るものは大きかったと思います。当時の練習方法は、初心者の頃のギターの練習方法として、以前のブログに書いたのでご覧ください(こちらです)。

当時、曲を作りたいと悶々とした日々を送りつつも楽器の初心者ではどうにもらなず、逆にかなりエレキ、ハードロックへ傾倒してました。そして、ハードロックをやるにはストラトキャスターではイマイチと思い始めました。今のようにアンプ・シミュレーターなどがある時代ではないので、シングルコイル・ピックアップのストラトでは、ハード・ロック固有の歪んだ音を出すのは難しかったのです。

そこで、エレキを始めて2年目に、ハムバッキング・ピックアップのギターを買うことにしました。悩まずマイケル・シェンカーが使っているのと同じフライングVを買うことに決め、また新宿の石橋楽器へ行って購入しました。マイケル・シェンカー・モデルの白黒のフライングVを買うつもりだったのですが、また、店頭展示処分品4割引きの1958年製コピーモデルを買ってしまいました(こちら)。

このギターは、その後、不注意でネックを曲げてしまうまでの7、8年間メインのギターとして使ってました。その後は録音のみに使ってます。最近でもヘッドを折ってしまうなど何度も事故にあってますが、いまだにフェイバリットなギターです。


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 21

コメント 2

saia

なるほどー、こうしてついにok-rockさんの作曲ヒストリーが始まるのですね!
最初の10曲を聴いてみたいなー(≧▽≦)
私もバンドでオリジナル曲作りに参加して、Liveをしたりコンテストやオーディションに応募したりしていました♪♪

by saia (2016-12-26 23:24) 

ok-rock

>saiaさん
最初の10曲はひどい出来です。覚悟が出来たら公開します(笑)
saiaさんもオリジナル曲作りに関わってたのですね。また、新しい事実が、、、。ぜひ、記事にしてください。楽しみにしてます!
by ok-rock (2016-12-27 23:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: