So-net無料ブログ作成
検索選択

"揺らめく星々に消える" 作詞編 [オリジナル曲:制作中]

またボカロ曲の制作を開始しました。前回はノリの良い元気な曲でしたが、今回はさらにロックぽく、ちょっとパンクなノリを加えられたらと思ってます。最近、作詞に力を入れているので、今回も作詞から始めました。
 
Music & Drag 
 
前回の曲で米国への飛行機内で作詞をしたエピソードを書きました。今回もまたちょうど良いタイミングで米国に行ったのですが、行きはPCを持ち出してのお仕事が忙しかったり、帰りは体調を崩したりで作詞ができませんでした。作業はできませんでしたが、詞のイメージは頭の中に浮かびました。
 
帰国後も1週間ほど体調不調。自分はあまり風邪とかひかないので珍しいです。そんな体調不調の間に少しずつ詞を書き出し数日で仕上げました。今回のように体調が悪くてもできますし、作曲は環境や準備を伴わない身軽な趣味かもしれません。で、こんな感じの詞になりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
   揺らめく星々に消える

暗闇が迫る 教室で 夕日が二人の 影を伸ばす
すれ違う会話 猜疑心 断ち切れる絆 終わりの時

教室の片隅で 泣き出した君に
呆然と立ち尽くし 僕は漆黒に落ちる
 
本当の気持ちさえ 揺らめく星々に消える
僕は何もかも捨てて 闇の世界へ飛び込む 
伝わらない思いが 揺らめく星々に消える
僕はただ空を見上げ 拳を握り続ける 

僕がこの世から 消えるなら 悲しい思いを 与えもせず
涙があふれた あの夜を 迎えることなく 過ごせたのに

君を傷つけるとは 思いも及ばず
夕暮れの教室で 僕は君を切り裂いた

あの時の情景が 揺らめく星々に消える
本当にあった事か 今では捻じれた過去へ
君が流した涙 揺らめく星々に消える
瞬く星の一つに 君の泣き顔が見える

今では何もつながらない 空の星は霞む
でも伝えたい事が 僕にはあるんだ

君へのこの思いを 揺らめく星々に託す
勇気を振り絞るなら 空を駆け星に届く
こぼれ落ちた涙が 輝く笑顔に変われば
再びつながるために 伝える事があるんだ

あの時の悲しみが 揺らめく星々に消える
僕は何もかも捨てて 君の元へ走り出す
そしていつか必ず 揺らめく星々の下で
君の手を握りしめて 共に歩む日を願う
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

かなり暗いですね。最近、明るめの詞を作ってましたが、こちらが本来の自分かもしれません。まあ、体調不調で作ったからではないと思います。実は、ある絵から着想を得て作ったのですが、それはまた別の機会に。
 
1月3日:アレンジに合わせて一部加筆修正しました 。 
 
(製作期間 : 2016年12月~) 
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 17

コメント 2

saia

ok-rockさん、ご無沙汰しておりました!
たくさん更新されていらっしゃってて(いえいえ今まで通りのペースで更新されて、ですね)いかに自分が長い時間冬眠していたのか、身をもって分かりました。汗
少しずつ追いつかねば、、、(;´∀`)
今回は、色々な意味にとれる深い歌詞ですね!
教室の片隅で・・・のところに胸がきゅんとしました。

by saia (2017-03-02 17:38) 

ok-rock

>saiaさん
お久しぶりです!
ちょっと前の記事にコメントを頂いてありがたいです。でも、追いつくのに無理しないでくださいね。
この歌詞は繰り返しもなしで、かなり気合を入れて作り込みました。深い悲しみを描きたいと思ったのですが、とらえようによってはどうしようもない男の話かもしれませんね。
最後の最後に場面を教室に変えたのですが成功でしたね!
by ok-rock (2017-03-03 22:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0