So-net無料ブログ作成

"君がいる街へ帰ろう" アコギ仮録音編 [オリジナル曲:制作中]

先月、作詞編を紹介したボカロのオリジナル曲のアレンジを始めました。今回は、アコギの録音風景を動画で紹介します。

作詞編でも書きましたが、今回はアコギの伴奏を主役にして、ちょっと気を抜いたアレンジにしようと思います。作業はまだアレンジの途中です。ドラム、シンセ類の打ち込みをして曲の構成を決めてから、ベースとアコギを仮に録音したところです。アレンジを決めるための仮の録音なので、まだ演奏はそれなりです。フレーズも本番にはちょっと変わるかもしれません。

前は苦手なアコギでしたが、最近はずいぶんと弾けるようになってきました。特に、このぐらいのテンポでのアコギのコードストロークは、右手が軽やかに動かせるので、弾いていてとても気持ちが良いです。難しいことは何もしてませんが、いかにもアコギって感じの演奏ですね。

演奏ですが、ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。いつものベースは指弾き、Maxon CP-9の後にMXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。 アコギはMorris W-25でマイク(RODE NT1-A)録りです。ミックス時に、少しコンプレッサーとイコライザーで音を調節しています。動画は曲の冒頭部分ですの抜粋です。



リンクはこちら → https://youtu.be/QVAApct6fcI

この後、エレキの伴奏、ボカロの調声と作業は続くので、完成はまだしばらく後です。

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 2

saia

この「君がいる街へ帰ろう」は歌詞がナチュラルな感じなので、アコースティックギターがとても似合いますね!
コードストロークはフォークってイメージですが、この後のアレンジひとつで今風な楽曲に仕上がって行くのですね~♪
すごいなあ!(≧▽≦)

by saia (2017-09-18 21:26) 

ok-rock

>saiaさん
本当によくあるシンプルなコードストロークを曲に合わせてやってみました。意図通りなので、似合っていると書いていただいて嬉しいです。
アレンジは確かに難しいですね。今回はオールドロックなエレキとの組み合わせが肝だと思います。
by ok-rock (2017-09-19 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0