So-net無料ブログ作成

"君がいる街へ帰ろう" エレキ仮録音編 [オリジナル曲:制作中]

作詞編アコギ仮録音編と紹介してきたボカロのオリジナル曲の続きです。今回もアレンジ中の仮の録音で、エレキの録音風景を動画で紹介します。

今回の曲の伴奏はアコギが主役ですが、ロックっぽくしたいので、やはりエレキの伴奏も入れました。特に、今回、動画で紹介する部位は、前回のアコギの演奏と異なって、オールド・ロックな演奏です。キーがGからBmへ転調する展開で、ブルージーなE7のコードを使って60~70年代のロックな雰囲気にしてみました。前回からかなり曲調が変わってますが、どのようにつながるかはお楽しみに。

演奏ですが、ドラム、ベース、アコギは前回と同じ設定です。エレキはいつものストラト、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でFender Bassman(1959年)のシミュレートです。この音色は、ざらっとしたちょい歪みで、とても気に入ってます。ただし、右手の強弱にシビアなので弾くのはなかなか難しいです。本番の録音までにはもうちょっと弾きこなしたいです。



この次は、ボカロの調声でアレンジ作業の終盤に向かいます。

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 17

コメント 2

saia

自分のブログ更新が遅れているせいで、ok-rockさんの記事にコメントをお入れするのも段々遅れて、ついに4か月も前の記事に。。。
いつまでたっても追いつかな~い(>_<) 笑
この「君がいる街へ帰ろう」の演奏は前回がアコギのフォーク調でしたが今回はエレキ、こうもムードが違うものになるのかと驚きました!
選ぶ楽器によって楽曲のイメージがこんなにも変わるなんて、楽器の効果って大きいですねー♪♪

by saia (2017-11-04 08:45) 

ok-rock

>saiaさん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
今回はフォーク的なアコギとオールドロックなエレキの対比で作ってみました。思った通りに上手くいって満足です。
前の記事にもコメントを頂けて嬉しいですけど、最近の記事まで飛ばしちゃっても大丈夫ですよ。
by ok-rock (2017-11-04 20:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0