So-net無料ブログ作成
検索選択

Guitar Solo <Bottle Neck> [ギター演奏]

ちょっと久しぶりにオリジナルの伴奏をバックにしたエレキのアドリブです。前回はネオ・クラシカルな速弾きでしたが、今回は一転してボトルネック奏法の古き良き時代のハード・ロック風のアドリブです。
 
Frying V & Bottle neck 
 
ボトルネック奏法は、リッチー・ブラックモアがたまにやっているのを聴いてからやるようになりました。しかし、本格的な奏法は練習していなくて自己流です。実は、昨年末にアップした"蛍の光"でボトルネック奏法の名手、故デュアン・オールマン風に挑戦しました。弾いてみてなかなか気持ち良かったので、あらためて挑戦しました。

滅多にやらないボトルネック奏法なのでそれなりの出来ですが、音程などの細かいことは気にせずにボトルネック固有のワイルドな感じを生かすように弾いてみました。もうちょっと上手くなったらオリジナル曲でも弾いてみたいと思ってます。
 
演奏ですが、ドラムとオルガンは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。いつものベースMXR M80 bass d.i.+でかなり歪ませてます。ギターはフライングV、アンプシミュレーターはLine 6 POD 2.0でMarshall JCM800(1990年)、オーバードライブのBOSS OD-2で歪を足してます。 
 
 
 
ここから先はおまけです。ボトルネック奏法って何?って方もいるかと思いますので簡単に説明です。

ボトルネック奏法は左手の指にスライドバーをはめて弦の上をバーで押さえて弾きます。この時、バーは弦に触れる程度に軽く押さえ、弦がフレットに当たらないようにします。バーの位置で音程が決まるのですが、弦をフレットに押さえつけないのでフレット間の中間の音程も出せますし、音を出した後にバーの位置をスライドして変えれば自由に音程が変えられます。
 
音階から微妙に外れた音を出せるので、むせび泣くようなビブラートや叫ぶようなスライドなど感情表現が可能です。その代わりに音程を合わせるのが難しく、慣れないと音痴な演奏になってしまいます。

バーはガラスかステンレスなどの金属が一般的です。元々、ガラス瓶の先をちょん切った物が使われていたので、ボトルネックの名前があるようです。バーは薬指か小指にはめるのが普通で、自分は薬指です。バーをはめていない指で普通に押弦することもできますが、基本はバーのみなので細かな運指はできません。ブルーノートを含む微妙な音程が出せることもあり、ブルースでよく使われます。
 
(製作期間 : 2016年9月)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"風が舞う道" 製作メモ [オリジナル曲:制作中]

先週公開したオリジナル曲の"風が舞う道"の製作に関する雑記です。今回もつらつらと書いてみます。 
 

前回のボカロ曲"Believe In Yourself"に続いて、今回も普通の曲を目指しました。前回の曲よりさらにスタンダード曲調ですが、要所要所に細かく16分音符のリズムを入れたりで、歯切れのよい今風のノリのアレンジを狙いました。

全トラックの構成です。
 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 2トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 8トラック
 アコスティック・ギター: 1トラック
 エレキ・ギター: 1トラック
 ボーカロイド : 4トラック
 
風が舞う道  Trucks
 
リズムの主役は前回の曲と同様にアコギです。アコギが前面に出ていた前回の曲と異なり、今回はピアノとシンセ・ストリングスが前面に出ていてあまり聴こえないアレンジとなってます。しかし、無機質な打ち込みのドラムやベースと対比する形で生のアコギで生きたリズムを作っています。

それが分かるように、歌やシンセを除いたベーシック・トラックをアップします。2コーラス目の抜粋です。
 
 
アコギがメインでリズムを作り、軽く歪んだエレキが隙間を埋めています。自分はガッツリ歪んだエレキできっちりと決まったパターンのリフを弾くことが多かったので、このように曲の盛り上がりに合わせて適当に音数や音量を変えてラフに弾くのは苦手でした。最近はまあまあできるようになったかなと思います。

あと、これは微妙な違いですが、サビの部分のボーカルの残響でいつもと違った処理にトライしてみました。自分は残響の少ないドライなミックスが好みで、その為、リバーブよりもディレイを多用します。今回は複数のショート・ディレイやコーラス・エフェクトを薄く混ぜて、より残響感の少ない独特な音を作ってみました。ちょっと分からないかもしれませんが、、、。

と言うことで、大人しめの曲が続いているので、そろそろガツンとした曲も作りたいと思ってます。では!
 

Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"風が舞う道" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

少し間があきましたが、先月、作詞打ち込みと製作過程を紹介したボーカロイド曲が完成しました。今回もオリジナルのイラストで動画も作ったのでご覧ください。
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/iB0ONwlIyl8

今回も前回のボカロ曲に続いて普通のポップスを目指して作りました。ピアノやシンセ・ストリングスの伴奏など、今回の曲の方がよりスタンダードな曲調かもしれません。少しスローテンポですがバラード風ではなく、今時風に歯切れのよいリズムのアレンジに仕上げました。今回も奇をてらうことなく、単純に自分が好きな曲調を目指したのですが、作ってみるとあらためて自分の好みに気が付きます。どこかで聴いたことがあるような、多少、地味目な普通のポップスが好きなのかもしれません。

それから、日本語の詞を生かしたメロディーが作れるようになってきた気もします。若いころから洋楽好きだったので、無理して英語の歌詞を書いたりしてた時もありましたが、最近は素直に言葉が出てくるようになってきました。今回の曲で一番のお気に入りは詞だったりします。

演奏ですが、ボカロとギター以外はすべて打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。いつものアコギの伴奏はマイク録り。エレキの伴奏は、いつものストラトLine 6 Pod 2.0でFender Bassman(1959年)のアンプシミュレートです。ボーカロイドは、MEIKO V3です。 

今回の動画には、こちらのブログにもお越しいただいているsaiaさんの青空の写真(こちら)を使わせていただきました。ちょうどアレンジを始める直前に見たので、写真からアレンジのイメージを膨らませることができました。ありがとうございました!

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。
 
 

(製作期間 : 2016年7月~9月)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

MDR-CD900ST [楽器・機材紹介]

大分前にスタジオ紹介でちらっと紹介しましたが、今回はモニター・ヘッドフォンのSony MDR-CD900STの紹介です。
 
このヘッドフォンはプロの録音の現場の定番中の定番で、1989年の発売以来今でも販売しています。移り変わりの激しい電化製品としては驚異的なロングセラー商品です。自分も録音用に20年ぐらい前から使用しています。ネットにも多くの記事がありますし、いまさらの紹介なのでスペック的なことは置いといて簡単に「モニター・ヘッドフォンとは?」みたいなことを書いてみます。 
 
MDR-CD900ST 1
 
 このヘッドフォンは、家電屋さんで売られている普通のヘッドフォンとは使用目的が違います。音楽を聴いて楽しむためのものではなく、録音の現場でモニターとして使います。つまり、楽器やボーカルをマイク録りする時に伴奏などの他の楽器とマイク経由の自分の演奏を聴くために使います。レコーディング時、歌手がマイクの前で歌っている時にヘッドホンをしているのを見たことがあると思いますが、その時に使用しているのがモニター・ヘッドフォンです。自分もクラシック・ギターやアコギ(たまにボーカル)をマイクで録音する時だけ使ってます。 

録音時にヘッドフォンで伴奏を聴くと、自分が弾いている(歌っている)音が直接聴こえにくくて演奏がやりにくいでし、コードがギターに絡まったり、身動きできなかったりで、とてもやりにくいです。しかし、伴奏の音をスピーカーから出してしまうとマイクが拾ってしまいハウリング等の不具合が発生するため、マイク録りではヘッドフォンを使わざるを得ないのです。 

そのようなモニター作業を少しでもやりやすくするために、モニター・ヘッドフォンはリズムや音程などが聴き取りやすいこと、長時間集中して聴いても耳が疲れにくいこと、マイクへ音漏れしにくいなどの配慮がされた音質となってます。実際の音色ですが、値段はそこそこ(1万数千円)な割にいわゆる解像度は高いと思います。演奏の粗が良く聴き取れます。その代りに中域のみが出ていてとても地味な音色です。なので、普通に音楽を聴くには迫力がなくて、かなりイマイチです。 

あと、さすがにプロ用とあって丈夫です。20年たってもイヤーパットやコードの付け根が切れることもなく新品同様です。また、購入した時に驚いた事。パッケージが何も印刷されていない真っ白な箱で、型番が小さくスタンプされているだけでした。現在は家電量販店でも売ってますが、当時は業務用で一般に流通していなかったので、その飾りのない箱を見て「プロ用の機材は違うな」と変な関心をしたことを覚えてます。 

MDR-CD900ST 2 
 
ちなみに、モニター以外の作業、アレンジ(打ち込み)、ミックスダウン、マイクを使わないエレキの録音等はヘッドフォンを使わずにすべてスピーカーで聴いてます。部屋は防音をしていないので、近隣への配慮で「深夜は作業をしない」と言う自主規制をしてます。曲の完成が近づいて作業が楽しい時は、明日仕事で朝が早い時でも見境なくやってしまいたい誘惑に駆られますが、ヘッドフォンを使わないポリシーが誘惑の歯止めとなってたりします(笑) 



nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽