So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

"21st Century Breakdown" Green Day [お気に入りの音楽]

お気に入りのCDを紹介する企画の5回目です。前回は原田知世のアルバムでしたが、今回は洋楽に戻ってGreen Dayの2009年の8thアルバムです。
 
21st Century Breakdown 
 
少しマイナーなアルバムが続いてましたが、今回はロックに興味がある方なら誰でも御存じな超有名バンド、Green Dayです。言うまでもなく、このアルバムも含めて1000万枚以上売り上げたアルバムを連発している3人組のパンクバンドです。パンクと言ってもポップでシンプルなロックバンドで、勢いだけのパンクとは一線を画していると思います。曲も覚えやすくて、どのアルバムも名曲揃いで大好きなバンドです。

メジャーデビュー後の3rdアルバム以降はどれも甲乙をつけがたいのですが、このアルバムと前作の"American Idiot"の2作は、アルバムを通して物語性のあるミュージカル的な構成となっており、ものすごく作り込んだ作品となっています。アルバムを通しての全体の流れも素晴らしいですが、個々の曲もバラエティーに富んだ名曲揃いだと思います。"American Idiot"とどちらを選ぶかは悩みましたが、どちらも素晴らしくて決められないので、単純にタイトルがカッコ良い方にしました(笑)

パンクなので演奏は難しいことはやってませんし、ギターも簡単にコピーできてしまうと思います。しかし、演奏は素晴らしいと思います。無駄をそぎ落とし、ツボを押さえ、曲の良さを生かすアレンジと演奏は作曲をする上でもとても参考になります。やっぱり、人の心を動かすのは演奏の技量ではなく、曲の良さ、曲に対する思いだったりするのかなと、彼らの曲を聴くたびに思います。

とかとかの理屈を抜きにしてもカッコ良いですし、解説するまでもなくロックの歴史に残る名盤と言って良いと思います。動画は、表題曲の"21st Century Breakdown"です。

 
 

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"君がいる街へ帰ろう" アドリブNG編 [オリジナル曲:制作中]

前回のボカロ曲の製作の続きですが、今回は趣向を変えてエレキのアドリブ演奏のNG編。NGと言っても失敗というわけではなく、曲のアレンジとは関係なく弾いたバージョンです。

Strato & OD-2前回、エレキの伴奏を紹介しましたが、記事にも書いたようにオールド・ロックな雰囲気のアレンジでした。あの手のノリだと、やっぱりハードロックなアドリブを弾きたくなってしまいます。あの箇所は、短い間奏からボーカルが入る箇所なのですが、本来のアレンジを無視して全編アドリブを弾いてみました。なので、完成版の曲では没となる演奏です。

今回の演奏は、2~3回、伴奏に合わせて雰囲気をつかんでから一発録りをしました。事前に何も考えずに弾いたので、かなり手癖的な自分がよく弾くフレーズばかりだと思います。一発勝負のアドリブは楽しいですが、音を外さずに弾くのはなかなかスリリングではあります。

演奏ですが、伴奏は前回と同じ設定。ただし、ベース、エレキは本番用に録り直してます。ギターはいつものストラトLine 6 Pod2.0のMarshall JCM800(1990年)のシミュレート。BOSS OD-2で軽く歪ませてます。


リンクはこちら → https://youtu.be/s0RqfE-p8fw

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"君がいる街へ帰ろう" エレキ仮録音編 [オリジナル曲:制作中]

作詞編アコギ仮録音編と紹介してきたボカロのオリジナル曲の続きです。今回もアレンジ中の仮の録音で、エレキの録音風景を動画で紹介します。

今回の曲の伴奏はアコギが主役ですが、ロックっぽくしたいので、やはりエレキの伴奏も入れました。特に、今回、動画で紹介する部位は、前回のアコギの演奏と異なって、オールド・ロックな演奏です。キーがGからBmへ転調する展開で、ブルージーなE7のコードを使って60~70年代のロックな雰囲気にしてみました。前回からかなり曲調が変わってますが、どのようにつながるかはお楽しみに。

演奏ですが、ドラム、ベース、アコギは前回と同じ設定です。エレキはいつものストラト、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でFender Bassman(1959年)のシミュレートです。この音色は、ざらっとしたちょい歪みで、とても気に入ってます。ただし、右手の強弱にシビアなので弾くのはなかなか難しいです。本番の録音までにはもうちょっと弾きこなしたいです。



この次は、ボカロの調声でアレンジ作業の終盤に向かいます。

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ