So-net無料ブログ作成
検索選択
オリジナル曲:制作中 ブログトップ
前の10件 | -

"約束" 作詞編 [オリジナル曲:制作中]

またボカロのオリジナル曲の製作を始めました。今回も歌詞から紹介です。

約束 Music

前作の完成後に、ちょっと路線を変えようかなと書きました。それもあって歌詞のイメージも変えてみました。前作まではパンク的な絶望と希望だったりをテーマにしてましたが、今回はラブソング的なちょっと可愛めのテーマにしてみました。

ただし、曲調は疾走系のロックにしようと思います。とは言うものの歌詞のイメージを生かすために、かなりポップな味付けにしようとは思ってます。また、かなりテンポが速い予定で、ギターはともかくベースをちゃんと弾けるか今から心配です。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  約束

遠く離れてしまったけど 今すぐ会いたい
君の笑顔を思い出すと 少し寂しいよ

あの時交わした約束は 絶対、絶対かなう
つないだ小指の温もりが 心を今も暖めるよ

(*1)
夕日、河原、あの帰り道 君と手をつないだ時
ふたり、歌ったあのメロディーが 今も聞こえる
暮れる空を見上げれば、、、

寂しくたって悲しくたって つらいわけじゃない
君の声を思い出すから あのメロディーに乗せ

紅の道で手をつなぎ 明日を信じて交わした
ふたりの約束 離れても 今でも僕は覚えているよ

(*2)
触れた髪のあの手触りが まだ指先に残ってる
いつかまた会えたらその時は 君に駆け寄って
ふたり 歌う 手を取って、、、

(*1)繰り返し

(*2)繰り返し

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

曲も同時に作ったので、夏休み中に一気に仕上げる予定です。

(製作期間 : 2017年7月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"君がいる街へ帰ろう" 雑記編 [オリジナル曲:制作中]

いつものように、先週公開したボカロ曲「君がいる街へ帰ろう」の製作後記です。今回は、最近時、作ってきた曲たちについてつらつらと書いてみます。


リンクはこちら → https://youtu.be/Pl8-XT7a1Rk

以前も少し書きましたが、自分はギター弾きではあるものの、オリジナル曲ではギターの伴奏を主とした曲はかなり少ないです。どうしても作曲重視で、ギターはアレンジに合わせて抑え気味にしてしまいます。ボカロに慣れてきて、多少、ロック的に元気よく歌わせることが出来てきたこともあり、ギターを前面に出した、ちょっとロックな曲にチャレンジをしました。

ちょっと路線変更をしようと思ったわけですが、作曲・アレンジをするにあたって普通にやってしまうと今まで通りになってしまうので、少し制約をつけてみました。まず、コード進行を極力シンプルに基本のスリーコード(C、F、Gなど)を中心に作りました。突飛な調への転調も避けました。また、打ち込みのドラムはなるべく人が叩ける自然なフレーズにし、ベースも自分で弾きました。ギターも含めてバンド演奏的なアレンジになるように配慮しました。

シンプルと言うか簡単なアレンジを目指したわけですけど、逆にごまかしがきかないので、ちょっと苦労しました。最近は、コードや転調や打ち込みなど、それなりにテクニックを身に付けてしまっているので、曲を作る上でテクニックで誤魔化してたなと、あらためて思いました。今回はそれらで誤魔化さないで、メロディーや詞を細かく修正したり作り直したりで、ダメな個所は元から作り直しました。何事もシンプルを極めるのが一番難しいってことですね。

揺らめく星々に消える」以降、4曲続けてこの路線で作りましたが、次の曲からは、少し路線を変えようと考えてます。とは言ってもギターを前面に出したバンド的な路線は続けようと思います。もう少し、キーボードも入れて、ポップな曲調にしたいですね。

いつものようにトラックの構成も書いておきます

君がいる街へ帰ろう Piano roll

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 5トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 アコギ : 1トラック
 エレキ・ギター : 2トラック
 ボーカロイド : 4トラック



(製作期間 : 2017年5月~7月) 


Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"君がいる街へ帰ろう" アドリブNG編 [オリジナル曲:制作中]

前回のボカロ曲の製作の続きですが、今回は趣向を変えてエレキのアドリブ演奏のNG編。NGと言っても失敗というわけではなく、曲のアレンジとは関係なく弾いたバージョンです。

Strato & OD-2前回、エレキの伴奏を紹介しましたが、記事にも書いたようにオールド・ロックな雰囲気のアレンジでした。あの手のノリだと、やっぱりハードロックなアドリブを弾きたくなってしまいます。あの箇所は、短い間奏からボーカルが入る箇所なのですが、本来のアレンジを無視して全編アドリブを弾いてみました。なので、完成版の曲では没となる演奏です。

今回の演奏は、2~3回、伴奏に合わせて雰囲気をつかんでから一発録りをしました。事前に何も考えずに弾いたので、かなり手癖的な自分がよく弾くフレーズばかりだと思います。一発勝負のアドリブは楽しいですが、音を外さずに弾くのはなかなかスリリングではあります。

演奏ですが、伴奏は前回と同じ設定。ただし、ベース、エレキは本番用に録り直してます。ギターはいつものストラトLine 6 Pod2.0のMarshall JCM800(1990年)のシミュレート。BOSS OD-2で軽く歪ませてます。


リンクはこちら → https://youtu.be/s0RqfE-p8fw

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"君がいる街へ帰ろう" エレキ仮録音編 [オリジナル曲:制作中]

作詞編アコギ仮録音編と紹介してきたボカロのオリジナル曲の続きです。今回もアレンジ中の仮の録音で、エレキの録音風景を動画で紹介します。

今回の曲の伴奏はアコギが主役ですが、ロックっぽくしたいので、やはりエレキの伴奏も入れました。特に、今回、動画で紹介する部位は、前回のアコギの演奏と異なって、オールド・ロックな演奏です。キーがGからBmへ転調する展開で、ブルージーなE7のコードを使って60~70年代のロックな雰囲気にしてみました。前回からかなり曲調が変わってますが、どのようにつながるかはお楽しみに。

演奏ですが、ドラム、ベース、アコギは前回と同じ設定です。エレキはいつものストラト、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でFender Bassman(1959年)のシミュレートです。この音色は、ざらっとしたちょい歪みで、とても気に入ってます。ただし、右手の強弱にシビアなので弾くのはなかなか難しいです。本番の録音までにはもうちょっと弾きこなしたいです。



この次は、ボカロの調声でアレンジ作業の終盤に向かいます。

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"君がいる街へ帰ろう" アコギ仮録音編 [オリジナル曲:制作中]

先月、作詞編を紹介したボカロのオリジナル曲のアレンジを始めました。今回は、アコギの録音風景を動画で紹介します。

作詞編でも書きましたが、今回はアコギの伴奏を主役にして、ちょっと気を抜いたアレンジにしようと思います。作業はまだアレンジの途中です。ドラム、シンセ類の打ち込みをして曲の構成を決めてから、ベースとアコギを仮に録音したところです。アレンジを決めるための仮の録音なので、まだ演奏はそれなりです。フレーズも本番にはちょっと変わるかもしれません。

前は苦手なアコギでしたが、最近はずいぶんと弾けるようになってきました。特に、このぐらいのテンポでのアコギのコードストロークは、右手が軽やかに動かせるので、弾いていてとても気持ちが良いです。難しいことは何もしてませんが、いかにもアコギって感じの演奏ですね。

演奏ですが、ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。いつものベースは指弾き、Maxon CP-9の後にMXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。 アコギはMorris W-25でマイク(RODE NT1-A)録りです。ミックス時に、少しコンプレッサーとイコライザーで音を調節しています。動画は曲の冒頭部分ですの抜粋です。



リンクはこちら → https://youtu.be/QVAApct6fcI

この後、エレキの伴奏、ボカロの調声と作業は続くので、完成はまだしばらく後です。

(製作期間 : 2017年5月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"君がいる街へ帰ろう" 作詞編 [オリジナル曲:制作中]

1曲、ギターのカバー曲を挟みましたが、またボカロのオリジナル曲の製作に戻りました。いつものように作詞から紹介です。

AcGTR & Music

3曲ほどエレキを前面に出したちょっとハードでパンクな路線で作りました。今回も歌詞は前3作の延長で書きました。しかし、アレンジの方はちょっと力の抜けた感じで、久しぶりにアコギを前面に出そうと思ってます。とは言ってもロック系のアレンジにはしたいと思ってます。

前3作の歌詞は、ちょっと緊張感のある暗めの歌詞だったので、今回はその裏返しで一休みな感じの歌詞です。実際に作っている自分も緊張感のある曲が続くと疲れるので、違ったアレンジをやりたくなったわけです。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  君がいる街へ帰ろう

どこまでも歩き続けたけど 僕は今どこにいるのだろう
いつの日か見たあの虹だけが 僕の気持ちを満たす

この先も曲がりくねった道 行かないとダメなのだろうか
来た道をふと振り返れば 君が見えた気がした

雨に濡れ冷たい風が 吹きすさび すべてを奪う
僕は今、君の笑顔が 恋しくてたまらない

(*)
君がいる街へ帰ろう 鞄一つだけ持って
明日吹く風に 流されてしまわずに
日が暮れて夜が来ても 二度と迷うことはない
君のあの笑顔が導く 君がいる街へ帰ろう

なぜここへ来たのかさえ忘れ 流れ去る時に身を委ねた
そんな時さえ雨が上がれば 虹が空に輝く

虹を越え会いに行きたい 飛べるなら遥か彼方へ、、、
でも僕は翼を持たず ただ途方に暮れるだけ

君がいる街へ帰ろう 鞄一つだけ持って
二度と冷たい雨に 濡れて凍えずに
日が暮れて夜が来ても 二度と迷うことはない
今は目指すべき道がある 君がいる街へ帰ろう

険しい道も進み続けるだけ
帰る場所はただ一つ 虹の向こうには君がいる

(*)繰り返し

君がいる街へ帰ろう

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

メロディーも同時に作ったので次はアレンジ作業ですが、まだ手がついてなくちょっと時間がかかりそうです。

(製作期間 : 2017年5月~) 

 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"暗闇に咲く花" ベース&エレキ録音編2 [オリジナル曲:制作中]

今回も制作後記と言うことで、先週アップしたボカロ曲のオリジナル曲"暗闇に咲く花" についての雑記です。今回はベースとエレキの演奏についてです。ちょっと音源もアップします


リンクはこちら → https://youtu.be/5LIgcfTSfxk

制作記事の打ち込み編で仮に打ち込んだシンセサイザーのベースとエレキの音を紹介しました(こちら)。今回はそれと比較できるように、自分で演奏して録音したベースとエレキで同じ個所の音をアップします。同じ楽器編成ですが、その後、音を作り込んでいるのでべースとエレキ以外の音も少し変わっています。


単純に正確なのは打ち込みの方ですが、やっぱり自分は人間が弾いた方が好きです。特に、ピッキングによって微妙に変わる音色の変化は、まだまだ機械ではマネができないと思います。ベースだと弦がフレットにあたるパキッとしたノイズだったり、エレキの微妙な歪みの変化だったり、完成した曲だと聞き取れないような差異が実際には曲のノリを大きく左右します。

ただ、納得できるように弾くのはなかなか大変で時間がかかります。特に、今回、エレキに使ったBudda Twinmasterのシミュレーションはピッキングの強弱に物凄くシビアで演奏が難しかったです。簡単なアルペジオですが何度も録音をやり直しました。元のBuddaは高級アンプなだけあって弾く人を選ぶのかもしれませんね。

いつものようにトラックの構成も書いておきます。

Truck_Kurayami

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 8トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 エレキ・ギター : 5トラック
 ボーカロイド : 7トラック

(製作期間 : 2017年1月~5月) 

 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"暗闇に咲く花" ベース&エレキ録音編 [オリジナル曲:制作中]

作詞編打ち込み編に続き、オリジナルのボカロ曲の製作記です。今回はアレンジが終わり、ベースとエレキの録音風景を動画で紹介します。

今回もちょっとパンク的なアレンジですが、前作よりさらにオーソドックスなギターバンド風なアレンジにしました。ベースとエレキも難しいことはせずにオーソドックスな演奏です。あらためて自分の演奏を動画で見ても普通に弾いている感じですね。ただ、テンポが速い(BPM=192)のでちょっと大変でした。

ギターは2パートです。それぞれの演奏が分かりやすいように、ベースとエレキを順番に重ねていく編集にしました。なので、実際の曲の展開とは違います。

演奏ですが、いつものベースはピック弾き、Maxson CP-9でコンプレッサーをかけた後にMXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。ギターはいつものフランイングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0で1本目はMarshall JCM800(1990年)でひたすらダウンピッキング、2本目はLine 6 Crunchでパンク的なコード演奏です。

で、録音中の動画です。録音作業中のものですが、音の方は何テイクか録ったものをつないで編集したものです。



リンクはこちら → https://youtu.be/W9WMa1L04fg

前回、打ち込み編で紹介した曲調と全く違いますね。どんな展開になるかは完成をお楽しみに!

製作期間 : 2017年1月~)  


Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"暗闇に咲く花" 打ち込み編 [オリジナル曲:制作中]

2月に作詞編を紹介したボカロのオリジナル曲です。先に作曲した"サビついた街に"の製作をしていたので今月になってやっと制作を始めました。いろいろと多忙だったので、まだアレンジ作業を始めたばかり。今回は打ち込み作業の紹介です。

以前も何度か書いてますが、譜面上で作詞・作曲を終わらせてから、PC上の打ち込みでアレンジをやります。アレンジの後半は、仮にベースやエレキを録音したりボカロを入力したりしますが、前半はドラムやシンセ類をちまちまと打ち込んでいきます。

その時、後で自分で弾いて録音するベースやエレキも打ち込みで鳴らして音を確認する時があります。特に、ベースは得意ではないので、弾くフレーズを決めるために打ち込むことが多いです。最終的には録音した音に差し替えるので、打ち込み自体はかなり適当です。

と言うことで、今回は珍しい打ち込みのベースとエレキの仮の演奏を紹介します。なんとなく聞く分にはそれなりではありますが、やはりオリジナル曲として発表するクオリティーではないですね。

Piano Roll_Kurayami

演奏ですが、ドラムとシンセはRoland XV-3080、ベースとエレキはRoland SC-55mkⅡです。これは古いGM音源のシンセですが、現在ではこのように仮のパートやメトロノームの音源として使ってます。

では、どうぞ! 完成はまだしばらく後になりそうです。



製作期間 : 2017年1月~)  


Copyright 2017 Katsumi Ochiai

"サビついた街に" ミックス編 [オリジナル曲:制作中]

今回も制作後記と言うことで、先週アップしたボカロ曲のオリジナル曲"サビついた街に" についての雑記です。今回はサウンド、、、ミックスでのボーカルの音作りについてです。
 
 
今回の曲は、パンク系と言うことでサウンドもかなりワイルドです。ミックスのサウンドは一聴して歪み気味に聞こえるのが分かると思います。歪んだ音色で録音したベースやエレキに加えて、元は打ち込みでクリアな音のドラムもミックス時に強力なコンプレッサーをかけてシンバルなどは音が割れて聞こえるようにしています。

それに合わせてボカロの歌も歪ませた音作りをしました。その過程を紹介します。サビの1回目の抜粋です。
 
サビついた街にPiapro
 
まずは、ボカロの素の音。ボリューム等はほぼ最大で書き出してますが音が小さいですね。
 
強力にコンプレッサーをかけて音圧を出します。軽くディエッサーもかけてます。
 
歪ませます。マルチ・バンド・ディストーションと言う周波数帯域ごとに歪みを調整できるエフェクターを使用しました。低域の歪みを抑えることにより言葉が聞き取りにくくならないように調整しました。
 
残響を加え、最後にミックスのマスターアウトでリミッターをかけてさらに音圧を稼ぎます。

そして、完成版。00:55からが同じ個所です。 
 
 
といった感じで音を作ります。アナログのテープなどで実際のバンド演奏をマイクで録音すれば、何もしなくても歪んで良い感じに音が馴染むのですが、PC上のデジタル作業だと音を歪ませて汚すのが大変です。

いつものようにトラックの構成も書いておきます。
サビついた街にPianoRoll
 
 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 4トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 エレキ・ギター : 3トラック
 ボーカロイド : 3トラック

製作期間 : 2017年1月~3月)  
 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

前の10件 | - オリジナル曲:制作中 ブログトップ