So-net無料ブログ作成
オリジナル曲:ボーカロイド ブログトップ
前の10件 | -

"約束" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編ベース&エレキ録音編と作成過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回は疾走感のあるちょっと切ないラブソングです。また、今回もオリジナルのイラストを使った動画を作ったのでご覧ください。


リンクはこちら → https://youtu.be/tSkNEeEgXsw

今回からちょっと路線を変えようと思って、歌詞やメロディーは少しポップな方向に変えました。ただし、エレキの方は最近の路線のままのパンク的な演奏になってしまいました。シンセもポップに華やかに入れようと思ってましたが、ベースやエレキが良い感じだったので、オルガンなどを入れただけで、完全に脇役になってしまいました、、、とかとか、結局、あまり路線は変わらなかった気もしますが、自分としては好みのど真ん中に仕上がりました。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxson CP-9でコンプレッサーをかけ、MXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。エレキはいつものフランイングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でMarshall JCM800(1990年)のシミュレートです。右側よりの単音弾きの箇所だけBOSS OD-2で軽く歪みを足してます。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2017年7月~8月) 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"君がいる街へ帰ろう" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編アコギ仮録音編エレキ仮録音編アドリブNG編と作成過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。アコギで始まり終盤はオールドロック的な展開のアレンジに仕上げました。また、今回も動画を作りました。オリジナルのイラストに加えて、こちらにお越しいただいているsaiaさんの素敵な青空の写真を使わせていただきました(saiaさん、ありがとうございます)。


リンクはこちら → https://youtu.be/Pl8-XT7a1Rk

最近はエレキの伴奏を主としたロック的な曲を作ってきましたが、今回もその延長で作りました。ただし、アコギやシンセなども前面に出して、バンドサウンド的ながらも厚みのあるアレンジにしてみました。各楽器もシンプルながらも、ちょこちょこと凝ったフレーズを弾いてます。特に、ベースがお気に入りです。弾くのは大変でしたが、、、。

ちょっと後悔は曲が5分を超えてしまい長すぎたと思います。普通は4分前後を狙うのですが、先に詞を書いたので、いろいろ書きたくなって長くなってしまいました。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxson CP-9でコンプをかけMXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。アコギは、Morris W-25でマイク(Rode NT1-A)録り。エレキはいつものストラトでアンプシミュレーターはLine 6 Pod2.0。バッキングはFender Bassman(1959年)のシミュレート、アドリブはBOSS OD-2で軽く歪ませてMarshall JCM800(1990年)のシミュレートです。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2017年5月~7月) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"暗闇に咲く花" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編打ち込み編ベース&エレキ録音編と制作過程を紹介してきたボカロ曲が完成しました。今回は、スローなロックバラードからアップテンポでパンクな展開の曲です。オリジナルのイラストを使った動画も作成したので、ぜひご覧ください。


リンクはこちら → https://youtu.be/5LIgcfTSfxk

2曲ほどエレキを前面に出したバンド的な曲をアップしてますが、今回はさらにエレキを生かしたアレンジにしました。前半は軽く歪んだ音色でオールドロック的な演奏、後半はドライブ感のある今どきの演奏です。前後半でかなり曲調が変化してますが、いずれも自分の好きな曲調なので弾いていて楽しかったです。バンドでやったら気持ち良さそうです。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースで前半は指弾き、後半はピック弾き、Maxson CP-9でコンプレッサーをかけた後にMXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。

ギターはすべていつものフランイングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0。左右2パートで、左側の前半はBudda Twinmaster、後半はLine 6 Crunch、右側は前後半ともにMarshall JCM800(1990年)、リードギターはSUHR Riotで軽く歪ませてJCM800のシミュレートです。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。


(製作期間 : 2017年1月~5月) 
 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"サビついた街に" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編ベース録音編エレキ録音編と制作過程を紹介してきたボカロ曲が完成しました。今回は、パンク系バンド的なシンプルで元気な曲です。また、前作に続いて、ちゃんゆうさんのイラストを使って動画を作成したので、ぜひご覧ください。
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/t0zV41WwlZ8

今回はとても勢いのある曲に仕上げました。最も特徴的なのはドラムです。曲のテンポ自体はそんなに速くはないですが、いわゆる、2ビートやダブルタイム(フィール)と呼ばれるスネアを2倍速で叩くスタイルで疾走感を出しています。制作編で紹介したように、ベースやエレキも8分音符と16分音符を適度に弾き分けてスピード感を出してます。

とかとかアレンジについてはいろいろありますが、ノリがよく聞ければOKのこの手の曲は大好きで、思った通りの出来になり満足です。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースはピック弾き、MXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。ギターはいつものフランイングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でMarshall JCM800(1990年)。左右に2本重ねてます。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。


製作期間 : 2017年1月~3月)  
 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"揺らめく星々に消える" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編ベース&エレキ録音編と制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回はギターのバッキングを前面に出したアグレッシブなアレンジです。今回は、ちゃんゆうさんが描いたイラストを使って動画を作りました。素敵なイラストなので、ぜひご覧ください。
 
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/3sFiXrCYz5o

続けてボカロ曲を作ってますが、いままではギターが前面に出ている曲は作ってませんでした。一応、自分はギター弾きですし、今回の詞のイメージとも合っていると思ったので、久しぶりにギターを前面に出した曲を作ることにしました。

曲調はポップスの範疇ですが、大好きなハードコア系のパンクの雰囲気を入れてみました。聴いて頂けると分かると思いますが、もの悲しいメロディーをドライブ感のあるリズムに乗せた勢いのある曲に仕上げることが出来ました。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースはピック弾き、MXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。ギターはいつものフランイングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でMarshall JCM800(1990年)。左右に2本重ねてます。右側だけBOSS OD-2で音色を調整しています。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。

 
製作期間 : 2016年12月~2017年1月)  
 
Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"君への気持ちが世界を変える" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編仮録音編ベース録音編ギター・アドリブNG録音編と4回に渡って制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回はハードで元気な曲です。今回はボカロのMEIKOさんのキャラクターのイラストを使って動画を作りました。ぜひご覧ください。
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/KZ7iLu-YMXs

ボカロ曲は過去曲のリメークも含めて9曲目になりますが、過去の曲はポップスよりの曲が多かったです。今回もポップスですが、ガッツリと歪んだギターをバックにパワフルなロック寄りのアレンジにしました。ギターの演奏はバリバリのメタル系が多いのですが、実は作曲は大人しめの曲が多かったりします。パワフルな曲は、それを歌える人が限られるので作る機会がなかったのです(当然、自分も歌えません、、、)。

ボーカロイドのMEIKOを使ってきて何とかパワフルに歌わせるようになってきたので、今回、トライしました。作ってみるとベースもギターも気持ちよく弾けたし、曲調も自分好みだし、成功だったと思います。欲を言えばボカロがシャウトしたりスクリームで歌ってくれると満点なのですが、、、。

と言うことで、自分の好みのど真ん中。まさに直球勝負で作った曲です。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースはピック弾き、MXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。ギターはいつものフランイングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0。バッキングはメサ・ブキー デュアル・レクチファイアー(1994年)で、左右に2本重ねてます。アドリブはマーシャルJCM 800(1990年)のシミュレーションにSHUR Riotで歪を足してます。ボーカロイドは、MEIKO V3です。
 
Frying V & 02R 
 
動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。

 
 
(製作期間 : 2016年10月~11月) 
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"風が舞う道" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

少し間があきましたが、先月、作詞打ち込みと製作過程を紹介したボーカロイド曲が完成しました。今回もオリジナルのイラストで動画も作ったのでご覧ください。
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/iB0ONwlIyl8

今回も前回のボカロ曲に続いて普通のポップスを目指して作りました。ピアノやシンセ・ストリングスの伴奏など、今回の曲の方がよりスタンダードな曲調かもしれません。少しスローテンポですがバラード風ではなく、今時風に歯切れのよいリズムのアレンジに仕上げました。今回も奇をてらうことなく、単純に自分が好きな曲調を目指したのですが、作ってみるとあらためて自分の好みに気が付きます。どこかで聴いたことがあるような、多少、地味目な普通のポップスが好きなのかもしれません。

それから、日本語の詞を生かしたメロディーが作れるようになってきた気もします。若いころから洋楽好きだったので、無理して英語の歌詞を書いたりしてた時もありましたが、最近は素直に言葉が出てくるようになってきました。今回の曲で一番のお気に入りは詞だったりします。

演奏ですが、ボカロとギター以外はすべて打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。いつものアコギの伴奏はマイク録り。エレキの伴奏は、いつものストラトLine 6 Pod 2.0でFender Bassman(1959年)のアンプシミュレートです。ボーカロイドは、MEIKO V3です。 

今回の動画には、こちらのブログにもお越しいただいているsaiaさんの青空の写真(こちら)を使わせていただきました。ちょうどアレンジを始める直前に見たので、写真からアレンジのイメージを膨らませることができました。ありがとうございました!

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。
 
 

(製作期間 : 2016年7月~9月)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"Believe In Yourself" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

ちょっと間が空きましたが、アコギの録音作詞と製作過程を紹介してきたオリジナル曲が完成しました。今回もボーカロイドを用いた歌物です。いつものようにオリジナルのイラストで動画も作ったのでご覧ください。 

 
リンクはこちら → https://youtu.be/iNF66M6RP0o

ボカロ曲は過去曲のリメークも含めて今回で7曲目です。毎回、異なるジャンルで製作してますが、今回は普通のポップスを目指しました。今時の普通のJ-POPっぽいアレンジですが、自分の世代でもしっくりくるちょっと歌謡曲っぽい雰囲気もあります。 

このブログの過去記事で分かるように、自分の場合、ギターの演奏はメタル系のハードなのが多いですが、聴く方は幅広く、ラジオやテレビやネットで普通に聴かれるポップスが一番好きです。特に誰のファンでもなく、今、流行っているのを聴く感じです。今回は地味目な普通の曲ですが、実はこういうのが好きだったりします。ただし、こういう地味な普通の曲調は、逆にアレンジが難しいです。語り調の平坦なメロディーを飽きさせないように、細々とアレンジに仕掛けを入れる必要があるので気が抜けません。 

演奏ですが、ボカロとギター以外はすべて打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。ちょっとだけサンプルループのパーカッションを使ってます。アコギの伴奏は以前書いたセッティング(こちら)。エレキの伴奏は、いつものストラトLine 6 Pod 2.0でMarshall JTM-25のアンプシミュレートです。ボーカロイドは、MEIKO V3です。 

余談ですが、今回はアコギ中心のアレンジなので、動画のイラストに自分のアコギ(Morris W-25)を描いてみました。実は、これを描くのに時間がかかってしまい公開が遅くなってしまいました。 

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。


(製作期間 : 2016年4月~6)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"降りしきる雨の中" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

伴奏のヘビーなギター歌詞と記事にしてきましたが、久しぶりにオリジナル曲が完成しました。今回もボーカロイドを使った歌ものです。バックはシンセサイザーを主役にしてきらびやかにカッコよく作りました。また、動画も作ったので御覧下さい。
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/iiUSLD7MuG4
 
数年前に音楽活動を再開した後は、アコスティックも加えたギターのオリジナル曲やカバーが続きました。いづれもおとなしめの曲でした。しかし、再開以前はロック系やエレクトリック系が得意だったので、自分的には「ちょっと違うジャンル」をやっていたのです。

と言うことで、今回は元に戻って作ってみようと思ったのですが、アレンジを考えているうちにロック系とエレクトリック系がミックスされた感じになり、今時風の曲になってしまいました(新しもの好きなので、、、)。曲調はハードなアレンジですがハードロックではなく、どちらかと言うとダンス系の音楽でしょうか?

実はこの曲は以前紹介した"Piano Solo 7"をアレンジしたものです。この曲はしっとりとしたピアノソロでした。今回はイントロのみ前の雰囲気を残しましたが、その後はビックリなぐらいに変わってます。聴き比べてみてください!

で、演奏ですがドラムなどのリズムはサンプル・ループ。ベースやたくさん入っているシンセサイザーは、Roland XV-3080CASIO VZ-1、効果音はサンプリングも使ってます。ギターはフライングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でメサ・ブキー デュアル・レクチファイアー(1994年)です。そして、ボーカロイドは、MEIKO V3です。
 
動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。 
 
 

(製作期間 : 2016年3月~4)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

"いつの日か君と" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

製作過程を紹介してきたボーカロイドのオリジナル曲が完成しました。製作記事にも書きましたが、今回は自分には珍しくバラード調で、ピアノと弦楽器からしっとりと始まります。しかし、最後は自分流。ヘビーなギターで盛り上げて、短いですがいつものアドリブ・ソロで終わります。またPV風の動画も作りましたが、今回は曲に手こずったため、動画の方まで手がまわらず、ちょっと手抜きです。
 
 
リンクはこちら → https://youtu.be/UCmR1_Vf7sE

今回、もっとも苦労したのはボカロの調声でした。バラード風なので歌の良し悪しが曲の出来を左右してしまいます。ボカロは何もしなければ綺麗な音程で歌ってくれます。厚い伴奏に埋まればそれで十分ですが、今回のような曲では、とても単調な歌に聞こえてしまいます。ただ、人間的に感情を込めようと調声すると音程などが外れて聞こえてしまい、なかなか加減が難しかったです。今回は、ロック系の人がバラードを歌っているような力強さが欲しかったので、ちょっとやり過ぎで音程が怪しく聞こえるかもしれませんが、自分の好みには仕上がりました。

製作過程の記事でも書きましたが、クラシカルな弦楽器なども含めて今時のボカロ曲っぽくないアレンジですが、自分の得意な物をあれこれと詰め込んだ作品にはなりました。今年はほとんど新曲を作れてないのですが、納得がいく作品に仕上がったので一安心です。
 
演奏ですが、ドラムや弦楽器類は打ち込みのシンセサイザー(Roland XV-3080)、ベースはMXR M-80 Bass DI+で軽く歪ませてライン録り(ただし、全編で聴こえるコントラバスは打ち込みです)、アコギはマイク(RODE NT1-A)録りです。
 
バッキングのギターはフライングVLINE6 POD 2.0でMesa Boogie デュアル・レクチファイアーの1994年と1995年のシミュレートで音色を分けて2本左右に重ねてます。最後のアドリブ・ソロは、いつものストラトにMarshall JCM800のシミュレートでBOSS OD-2で歪を足してます。
 
ボカロは、MEIKO V3で、Dark、Wispher、Straightの声色を使い分けてます。動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。
 
 
 
(製作期間 : 2015年9月~10 
 
Copyright 2015 Katsumi Ochiai 

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - オリジナル曲:ボーカロイド ブログトップ