So-net無料ブログ作成

"寒い夜に" エレキ録音編 [オリジナル曲:制作中]

ボカロ曲の製作の続きです。作詞編ベース録音編と紹介してきましたが、今回はエレキのバッキングの演奏を動画で紹介します。エレキは2パート入ってますが、動画で弾いているのは右寄りのリードギターです。左側はシンプルなコード弾きをしています。

作詞編でも書きましたが、今回の曲は前2作("約束"と"再会")との3連作となってます。3曲はテンポも異なり、シンセ類のアレンジも大きく違いますが、エレキは同じスタイルで弾いてます。軽く歪んだコード弾きや間奏の切ないメロディー弾きなどです。

特に、サビのバックでメロディアスに単音弾きをしているのが3曲共通の特徴です。バッキングでの単音弾きは音が薄くなったり、歌メロと音がぶつかってしまったりとちょっと難しいのですが、自分はとても好きなので頑張ってアレンジをしてみました。

演奏は2回目のサビからリズムがブレークするCメロです。前回のベースの演奏よりちょっと前の箇所になります。

演奏ですが、ドラム、ベースは前回と同じ。エレキはいつものフライングVBOSS OD-2で軽く歪ませて、アンプシミュレーターはLine 6 Pod2.0でLine 6 Crunchの音色です。録音作業中の動画ですが、音の方は何テイクか録ったものを編集しています。


リンクはこちら → https://youtu.be/9tVIfnuKLqg

完成版は来週公開予定です。

(製作期間 : 2017年12月~) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"寒い夜に" ベース録音編 [オリジナル曲:制作中]

先週の作詞編に続いてボカロ曲の製作過程の紹介。今回はベースの録音を動画で紹介します。

今回の曲はテンポが遅く(BPM=83)自分としてはかなりおとなしめの曲調です。とは言うものの、自分は基本ロック系なので、アレンジをおとなしくしっとりとまとめるのはちょっと無理。途中ガッツリと盛り上げる予定で、今回紹介するのはその部位です。

今回の動画は曲の後半からの抜粋です。2回目のサビの直後でリズムがブレークするCメロ(展開部)、それに続いてギターのアドリブソロが入るハードなリズムの箇所、そして最後のサビの途中までです。ここだけを聞くとオールドロックな感じですが、実際の曲のイメージとはかなり違うかもしれません。

今回はいつもと右手の弾き方が違います。親指をピックアップに固定して指を立て気味に弾く普通の弾き方です。以前も書きましたが(こちら)、クラシック・ギターを弾くために右手の爪を伸ばしているので、この普通の弾き方をすると爪が割れやすくてできません。今回は、この弾き方の方が曲にあった音色が出せたので、割れを覚悟で弾きました。結果、爪は無事だったので安堵しました。

演奏ですが、ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxon CP-9でコンプをかけMXR M80 Bass D.I.+でわずかに歪ませてます。録音作業中の動画ですが、音の方は何テイクか録ったものを編集しています。では、どうぞ!



リンクはこちら → https://youtu.be/bzYmmMq7_q8


(製作期間 : 2017年12月~) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"寒い夜に" 作詞編 [オリジナル曲:制作中]

またボカロのオリジナル曲の製作を再開しました。今回も歌詞から紹介です。

Music & lyrics

前作、前々作はストーリーがつながった連作でした(こちらこちら)。今回も同じ登場人物を題材にした詞です。とは言っても前作の続きではなくて、それよりも過去のお話。二人が固く結びつく前のお話にしました。ラブソングを書くと、やはり今回の詞のような結びつく前の不安定な気持ちを書きたくなりますね。

実は、始めにエレキを中心にしたラブソングを3曲作ろうと構想しました。結果的に詞も連作的につながりました。前作はシンセも入れてポップな仕上がりにしましたが、今回はさらにポップスよりにしようと思ってます。3曲が連作として同じ雰囲気になり、でも似ないように、、、アレンジは苦労しそうです。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  寒い夜に

いつまでもいつまでも待ってた 凍えそうな風が吹く中
いつか来ると信じていたから 待ち続けてた君の姿を

伝わらない気持ちがもどかしくて辛いよ
君に会えるなら勇気を出して気持ちを伝えるよ

星が瞬く夜の淵に 君の姿が見える
小さな勇気を振り絞り 君の元へ走るよ

すれ違う言葉が重なって 君の気持ちを見失ったよ
でも君を思う気持ちだけは 夜の闇でも心を照らす

優しい言葉さえも心を傷つけてた
でも素直になり君に向かえば伝わると信じる

月が霞む暗がりの中 君の声が聞こえる
本当の気持ちを伝えたい 今がその時だから

冷たい風が声をかき消す それでも君に届け この思い

星が瞬く夜の淵に 君の姿が見える
言葉に思いを託すから 受けとめてくれるなら
二度と離れないから

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(製作期間 : 2017年12月~) 

Copyright 2017 Katsumi Ochiai

nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"蛍の光"でまた来年!  [ご挨拶・お知らせ]

今年も明日で終わり。今年もブログは毎週土曜日皆勤賞でした。ご覧頂いた皆様ありがとうございました!今年最後は1年を振り返って毎年恒例のいつもの曲で締めます。

Musics

今年はボカロ曲の製作に集中しました。まず、"揺らめく星々に消える"、"サビついた街に"、"暗闇に咲く花"、"君がいる街へ帰ろう"の4曲です。エレキを中心としたシンプルなアレンジでパンクからオールドロックなアレンジに挑戦しました。そして、少しポップ寄りのラブソングに変えて"約束"、"再会"を作りました。こちらの路線はもう1曲制作中です。

カバー曲は、"いくつしみ深き"、"主よみもとに近づかん"をギターでアレンジしました。たまたま、どちらも讃美歌でしたが、アレンジのし甲斐があって新鮮な体験でした。

演奏動画はボカロ曲の製作過程が主でしたが、最後にクラシックギターで念願の"メヌエット ト短調"を撮れたのが嬉しかったです。

連載は"音楽歴"を終了して、"ハーモニーの歴史"を連載中。まだ半ばなのでしばらく続く予定です。

といった感じで、今年は近年でも最も密度が濃い1年でした(毎週末、疲れました、、、)。では、今年も恒例の「蛍の光」の演奏で1年を締めくくります。去年の演奏はブルース&パンクな演奏でしたが、今年は「良い子は寝ないと砂男が出るぞ」的なヘビーなアレンジです(うるさくてスイマセン)。

演奏ですが、ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。いつものベースは、リミッターのMaxon CP-9を通してMXR M-80 Bass DI+で歪ませてます。バッキングのギターはいつものフライングV。アンプシミュレーターはLine 6 Pod 2.0で"Mesa Boogie Dual Rectifire(1994年)"のシミュレート。リードはいつものストラト。オーバードライブのBOSS OD-2で歪ませてPod 2.0の"Marshall JCM 800(1990年)"です。一部、JEN CryBabyを使ってます。

では、また来年!



(製作期間 : 2017年12月) 


nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

"きよしこの夜" Blues version [ギター演奏]

直前ですが、クリスマス・ソングの"きよしこの夜"をクラシック・ギターで弾いてみました。とは言っても、アコギ風のスタイルでブルースな演奏です。かなり力の抜けた演奏でスイマセン。


リンクはこちら → https://youtu.be/3xBDtd5pCu0

先々週にバッハの"メヌエット ト短調"の演奏をアップしましたが、動画撮りのために弦も張り替えたし、今のうちにもう1曲撮ってみようと思いました。そこでちょうどクリスマスだし、ささっと弾けそうなこの曲を選びました。

実は、南澤大介さんの"ソロ・ギターのしらべ"の楽譜で弾き始めたのですが、弾いているうちにブルースになって、全然違うアレンジとなってしまいました。まあ、この方が自分らしいかもしれません。

かなりアドリブでアレンジしたので、来年も忘れずに弾けるようにコード進行を書いておきます。

| G | D7 | G7 | G7(9) |
| G | G7 | G | G7 | D7 | D7| G | G7 |
| C△7 | C△7 | G | G7 |  C△7 | Em | Bm7 | Em7 |
| Am7 | B7(♭9) | E7(♭10) | E7 | G | D7 | E7(♭10) | E7 |
| C△7 | A7sus4 | G7| G7(9) |

(製作期間 : 2017年12月) 


nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽