So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

"The wind blows" 作詞編 [オリジナル曲:制作中]

ボカロのオリジナル曲の製作記事、今回も歌詞から紹介です。ロック的な曲が続いた最近の曲からガラッと変わって今回はアコスティックな曲です。

The wind blows_music

前回の曲は遅めのテンポでしたが、ロック的なノリのポップスでした。今回は、さらにスローテンポでバックはアコギをメインにして弾き語り的な曲を作ろうと思いました。でも、やっぱり芯のところはロック的なイメージになりそうです。

アレンジは、オールドロックな雰囲気にしようか、でも得意なストリングスも入れたいなと、ちょっと悩み中です。短い曲なので、いろいろ詰め込む余地がないので、どれに絞るか難しそうです。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  The wind blows

果てしない青い空には 音もなく雲が流れる
君が見る空の向こうに 何があるのか

The wind blows 強く吹く風に The wind blows 君は流されずに
The wind blows 前を向き続け The wind blows 進み続ける
The wind blows

流れ去る雲のはざまに 君は見る進むべき道
雨が止み虹がかかれば 君を導く

The wind blows 流されてしまう The wind blows 逆らい続けても
The wind blows 振り絞る歩み The wind blows 諦めないよ
The wind blows

The wind blows 強く吹く風に The wind blows 君は流されずに
The wind blows 明日に向かって The wind blows 歩み続ける
The wind blows

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(製作期間 : 2018年6月~) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"晴れた空を願う" コード解説編 [オリジナル曲:制作中]

先週、紹介したボカロ曲 "晴れた空を願う"。いつものように製作後記です。今回は久しぶりにコード進行の解説です。今回は解説だけで新しい音源はありません。スイマセン。


自分はたまにクラシック的な難解なコード進行を使う場合もありますが、大抵はシンプルなコード進行が多いです。聞くのも作るのもシンプルなポップス/ロックが好きなためだと思います。良い曲だなと思って調べて、その曲が4つぐらいのコードだけで出来てたりすると、自分もそういう曲を書きたいと思ったりしてしまいます。

自分は、まだまだ、そこまでシンプルには作れませんが、極力、コードに凝らずに楽器の組み合わせやフレーズで聞かせるようなアレンジを心掛けてます。と言うことで、今回の曲も解説するほど難しくはないですが、コード進行の解説です。数値は動画の再生時間です。

◆サビ 00:03、01:04、02:24、03:09
| A  E(onG#) | F#m D△7 | Bm7  E Fm | D E |
| A  E(onG#) | F#m D△7 | Bm7  A E | F# | G7 |

キーはAです。ポップスの定番的なコード進行ですね。最後のG7がドミナント・モーションでAメロへの転調を導きます。最後の2小節は、2回目以降、1小節になります。間奏とエンディングの前は転調がなくコードがA→E になります。

◆Aメロ 00:28、01:48
| C  G(onB) | Am F C(onE) | Dm7 G | Am G |
| C  G(onB) | Am F C(onE) | Dm7 Dm7(onC) | G Am |

キーがCに代わりますがサビのコード進行と似てます。最初は違ったのですが、アレンジをしているうちにシンプルになるべくサビと同じにして、リズムで異なる展開になるようにしてみました。

◆Bメロ 00:50、02:10
| Dm7 | Em7 Dm7 Em7| F△7 | G | D E7 |

ここも定番的な展開部のコード進行です。最後の1小節でドミナント・モーションでサビのキーAへ転調します。ちょっと強引ですが、リズムに引っ張られる展開でまとめてます。

◆Cメロ 02:46
| G | Bm A | G | A E(onG#) | G | Bm D | C | D | E7 |

キーをBmへ転調して雰囲気を変えた展開部となります。Bメロと同じ展開でサビのキーへ転調してます。間奏(01:26)とエンディング(03:37)はサビと同じコード進行です。

いつものようにトラックの構成も書いておきます。

Hareta sorani_pianoroll1

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 4トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 エレキ・ギター : 4トラック
 ボーカロイド : 3トラック

(製作期間 : 2018年6月~2018年7月) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(15)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

"晴れた空を願う" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編ベース録音編アレンジ編と制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回はスローテンポですがエレキとベースを前面に出して力強いアレンジに仕上げました。今回もオリジナルのイラストを使った動画を作ったのでご覧ください。


リンクはこちら → https://youtu.be/Ll7MYE_YZeM

ハードな曲な曲が続いたので大人しめの曲を作ろうと思いましたが、結局、いつものロック的なノリになりました。動きの多いベースに軽い歪みながらもロックなエレキに乗せてボカロは情感を込めるように調声しました。

ここ1年ぐらいは自分の好みのポップス寄りのロックでボカロ曲を作っているので、今回もそのパターンです。でも、苦手だったベースの指弾きが何とかなるようになってきたので、最近は曲のノリが思うように作れるようになってきた気がします。でも、演奏が難しくて録音は大変です。

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxon CP-9でコンプをかけ、MXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。エレキはいつものフライングV、アンプシミュレーターはLine 6 Pod2.0でLine 6 CrunchをメインにDumbleとMarshall JTM-45のシミュレートも使ってます。また、久しぶりにコーラスのエフェクトを多用しました。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。


(製作期間 : 2018年6月~2018年7月) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"晴れた空を願う" アレンジ編 [オリジナル曲:制作中]

作詞編ベース録音編に続いてボカロ曲の製作過程の紹介。今回はいつものように録音の様子の動画ではなくて、各楽器のアレンジを音で紹介します。

Hareta PoanoRoll

アレンジでどのような楽器をどのように重ねていくかは、いつもながら難しい作業です。特に、打ち込みで鳴らすシンセサイザーの音と実際に弾くギターやベースの兼ね合いが悩ましいです。あれこれと細かい所に悩んでも、結局、メインの歌が入ったらあんまり聞こえなかったりするのですが、それはそれでこだわりだったりします。

と言うことで、今回はアレンジ作業で追加をしていった音が分かるように作成途中の曲を編集してみました。重なっていく様子が分かるように、曲のサビの8小節を繰り返して、繰り返すごとに楽器が増えていくように編集しました。

次のように楽器が重なっていきます。数字は再生時間です。

00:00
打ち込みのドラム
00:22 仮に入れた打ち込みのベース
00:44 シンセでメインの音色のストリングス
01:07 シンセで上物の2つの音色
   (エレピ風とキラキラしたシンセ音色)
01:28 自分で弾いたベース(仮のシンセのベースはオフ)
01:50 自分で弾いたエレキ(一つ目)
02:12 自分で弾いたエレキ(二つ目)



実際の作業は試行錯誤で、あっちを弾いたり、こっちを直したりと、かなり魑魅魍魎な作業です。

(製作期間 : 2018年6月~) 


Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"晴れた空を願う" ベース録音編 [オリジナル曲:制作中]

先週の作詞編に続いてボカロ曲の製作過程の紹介。いつものようにベースの録音を動画で紹介します。

作詞編でも書きましたが、今回はスローテンポ(BPM=87)のポップスですが、いつものようにエレキを前面に出してロック的なアレンジにする予定です。そこで、ベースもおとなしくルート音を弾くのではなく、動きの多いフレーズでアレンジをしました。

基本はコードの構成音を中心に滑らかにつながるようにフレーズを選んでいきますが、ロックっぽさを出すために、適度に16分音符もからめてスピード感を出すようにしました。なので、テンポが遅いわりに左手が忙しくて、演奏はかなり苦戦しました。

いろいろなフレーズを弾き分けてますがフレーズを暗記して弾いているわけではないので、コード譜をにらめっこしながら間違えないように弾くのも大変でした。

動画の演奏ですが、1コーラス目の抜粋です。ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxon CP-9でコンプをかけMXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。録音作業中の動画ですが、音の方は何テイクか録ったものを編集しています。では、どうぞ!



リンクはこちら → https://youtu.be/wfzWuf_-u1I

(製作期間 : 2018年6月~) 


Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -