So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

作曲が出来るようになるには? [雑感]

今回は漠然とした内容ですが、「自分にとって音楽とは?作曲とは?」みないたい事を書いてみます。

MyCDs1

自分は作曲と言う希少なことを趣味としています。カッコ良く言えば芸術・創造的な行ないであり、修得するまでに長い時間と相応の努力が必要です。どんな趣味でも極めるまでには、同じように時間と努力が必要だとは思います。しかし、作品が目に見えず既存の作品の模倣(絵画で言えば模写)が比較的が難しいこともあり、作曲でオリジナルなものを生み出すことは、ハードルの高い趣味ではあると思います。

しかし、そんな覚悟をして趣味としたわけではありません。子供の頃から何でも作るのが好きだったので、興味を持ったものは何でも自分で作ってみなければ気が済まない性格でした(今でも同じです)。なので、音楽を聴くのが好きになって、自然と自分で作ってみようと思っただけだと思います。

普通にCDやラジオで曲を聴くことと自分で作曲をすることは密接につながっていると思います。大量に曲を聴いて頭の中にストックされないと、曲を作る時にアイデアが浮かばないし、テクニックも身に付かないと思います。両者の関係は具体的には分かりませんが、100曲をじっくり何度も繰り返し聞いて、1曲出来るぐらいの比率のような気がします。なので、とにかくたくさんの曲を聴くことが重要です。

MyCDs2

また、特定のミュージシャンやジャンルのみを聞き続けていると曲が作れなくなります。無理して作ってもそのミュージシャンの模倣(パクリ)になってしまいます。やはり、オリジナルなものと言うのはゼロから生み出されるわけではなく、それまでに吸収したものを自分なりに組み合わせて、最後に一振りだけ自分独自のスパイスをかけて完成するのだと思います。そういう意味では、幅広く新しい作品を次々と聞き続けることも重要です。

結局の所、音楽を聴くのが好きで、中学生ぐらいから現在にいたるまで幅広く新しいバンドや曲を聴き続けてきたのが、結果として作曲ができるようになった素地になったと思ってます。そして、それらの曲を聴いて得た感動が、自ら作ろうと思う原動力になったと思います。

タグ:音楽 作曲
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Guitar Solo <ベートーベン第9>with SUHR Riot [ギター演奏]

とても久しぶりに伴奏なしのエレキのソロ演奏です。季節柄、有名なベートーベンの第9交響曲のメロディーを題材に弾いてみました。動画で紹介です。

最近はボカロ曲ばかり作っているのでギターの練習は全然してません。ボカロ曲の製作記を除くと、エレキの演奏の動画も昨年の3月(こちら)以来のなので2年近くご無沙汰でした。一応、ギター弾きでもあるので、今年まったく演奏動画なしも寂しいので思い立って弾いてみました。

とは言っても、しばらく弾いてない上に準備なしですぐに録画したので、アドリブのフレーズは手癖ばかりです。でも、スピードは落ちてなさそうで、まだまだ腕は大丈夫そうです。

演奏ですが、エレキはいつものストラト、チューニングはドロップ-Dです。アンプシミュはLine 6 Pod2.0でMesa Boogie DUAL RECTIFIER(1994年)のシミュレートで、SUHR Riotでがっつりと歪みを足してます。では、どうぞ!


リンクはこちら → https://youtu.be/w9dyrU-C1WQ

(製作期間 : 2018年11月) 

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"Across the ocean" エレキ・アドリブの雑記編 [オリジナル曲:制作中]

先週公開したボカロのオリジナル曲"Across the ocean"、いつものように製作後記です。今回は、エレキのアドリブ・ソロについての雑記です。今回は新しい音源はありません。スイマセン。


今回はピアノの伴奏をメインとしたしっとりした曲。構成としては最後のエレキのソロはなくても良いとは思います。しかし、最近は作曲者としては別にギター弾きとしても自覚が出てきたので、ちょっと自己主張で長めのアドリブ・ソロを弾いてみました。

何テイクか録音はしたものの、演奏はその場の思い付きのアドリブです。ラフな感じを残しつつ感情を込めて熱く弾いてみました。ギターはいつものストラトです。シングルコイル・ピックアップ固有の強弱による音の艶でフレーズに感情が出せたと思います。

ただ、コード進行がちょっと特殊でスケールを考えながら弾かなければならないので、何も考えずに弾くと言うわけにはいきませんでした。歌のサビと同じで、次のコード進行を2回繰り返してます。

| B♭ | Am | G | D |
| B♭ | Am | G G(onF) | Em7 Em7(onD) |

2小節毎に単調と長調が入れ替わっているようなコード進行なので、気を緩めると音を外してしまいます。アドリブを弾くのはかなりスリリングでした。

いつものようにトラックの構成も書いておきます。

Across the ocean PonoRoll

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 8トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 エレキ・ギター : 1トラック
 ボーカロイド : 4トラック

(製作期間 : 2018年10月~2018年11月) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"Across the ocean" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編ベース録音編と制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回はピアノの伴奏でゆったりとした曲ですが、最後にエレキで長めのアドリブ・ソロを弾いてます。今回もオリジナルのイラストを使った動画を作ったのでご覧ください。


リンクはこちら → https://youtu.be/8Hcx6mME7fk

今回はとても久しぶりにピアノを中心としたバラードっぽい曲です。ギターの伴奏がないのはとても久しぶりです。ギターがないと録音作業がない分、作業時間はかなり節約できます。でも、得意なギターがないので、アレンジをしていてもこれで良いのかどうか悩みがち。すべて打ち込みになるので機械っぽさを避けるのも難しいです。

そして歌が終わってからは、その反動からか雰囲気を壊すようなハードでラフなエレキのソロを弾いてしまいました。まあ、おとなしいとは言えロック的な曲なのでこの終わり方もありかなと思います。なかなか勢いのある感じで弾けましたし。

演奏ですが、ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースTASCAM BS-30MXR M80 Bass D.I.+の組み合わせ。エレキはいつものストラト、アンプシミュはLine 6 Pod2.0でMarshall JCM800(1990年)のシミュレートです。BOSS OD-2で歪みを足してます。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2018年10月~2018年11月) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"Across the ocean" ベース録音編 [オリジナル曲:制作中]

先週の作詞編に続いてボカロ曲の製作過程の紹介。今回もいつものようにベースの録音風景を動画で紹介です。

今回の曲は珍しく3拍子(正確には8分の6拍子)でスローテンポ。しかも、伴奏はピアノ中心でエレキはなしの予定です。いつものように得意なエレキがないのでアレンジで苦戦してます。いろいろな曲を作りたい気持ちが勝って、たまに苦手な曲調に手を出してしまいます。

今回のベースは遅いわりに動きが多いフレーズで簡単ではなかったです。遅いテンポだとミスがばれやすいですし、演奏に感情を込めないと単調になるので難しいですね。速いテンポについていくのとは違う難しさがあります。

動画の演奏ですが、曲の中間、サビから展開部の抜粋です。ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースTASCAM BS-30MXR M80 Bass D.I.+の組み合わせです。。録音作業中の動画ですが、音の方は何テイクか録ったものを編集しています。では、どうぞ!


リンクはこちら → https://youtu.be/ulC70KFMeHk

(製作期間 : 2018年10月~) 

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -