So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

JHS Pedals <Demo play> [楽器・機材紹介]

今回は久しぶりにオリジナルのバッキングでのエレキのアドリブ・ソロを動画で紹介です。知人に借りた3種類のJHS Pedalsの歪み系エフェクターをフィーチャーしてます。

JHS Pedals.jpg

以前、知人からBOSS BD-2wを借りて演奏した記事を書きました(こちら)。実は、今回、使ったJHSの3つのエフェクターも一緒に借りた物です。

簡単に各エフェクターの説明です。動画の演奏順に、"Charlie Brown"はブルースが似合うマーシャルJTM45系のオーバードライブ、"Muffuletta"はワイルドでノイジーなBig Muff 系のファズ、"Angry Charlie V3"はハードロックが似合うマーシャルJCM800系のディストーションです。

とても個性のある音色なので、その特色を生かしたアレンジで弾きました。ちなみにコード進行は、エリック・サティの"ジムノペディ"の冒頭から拝借しました。なので、ちょっと自分ぽくないアレンジでアドリブを弾くのも苦労しました(とは言っても、ほとんど一発勝負ですが、、、)。

音色はとても気に入りましたが、いずれもノイズが多いのが録音を主とする自分の使い方では気になりました。なので、BOSS BD-2wの方が自分に向いてるかもしれません。

演奏ですが、ドラム、ベース、オルガンは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。エレキはいつものストラト、アンプシミュはLine 6 Pod2.0でRoland JC-120です。各エフェクターのセッティングは写真に写っている通りです。


リンクはこちら → https://youtu.be/fVqSh1SVCSg

同じ音源ですがMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2019年7月)  

Copyright 2019 Katsumi Ochiai

nice!(13)  コメント(0) 

"The rising sun"エレキ・アドリブ編 [ボーカロイド曲:制作中]

先週公開したボカロのオリジナル曲"The rising sun"、いつものように製作後記です。今回は、エレキのアドリブ・ソロについての雑記です。ソロを別ミックスで紹介します。


今回は、もろにスピードメタルなアレンジなので、エレキのソロもスピート命でアドリブを弾きました。いつもはアドリブと言っても曲のアレンジ優先で、ある程度、何度か弾き直して構成を組み立てて弾きます。しかし、今回は2~3テイクで一気に弾きました。

アドリブだと勢いが出ますが、逆にミスは出てしまいます。曲の完成度を考えると録音ではミスは絶対にダメですけど、ミスがなくなるまで何度も録り直してると勢いが削がれてしまう、ミスが続くとまあ伴奏に隠れるぐらいの小さなミスならいいかなとも思ってしまう、、なかなか難しいです。


と言うことで、今回は伴奏の音量を抑えてソロが目立つミックスをしてみました。本人的には、勢い重視なのでいつもよりミスが目立つな~と思いますが、他の人が聞いたらどうでしょうかね?



いつものようにトラックの構成も書いておきます。

The rising sun PianoRoll.jpg

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 6トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 エレキ・ギター : 5トラック
 ボーカロイド : 3トラック

(製作期間 : 2019年5月~7月) 

Copyright 2019 Katsumi Ochiai

nice!(19)  コメント(0) 

"The rising sun" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

少し間が空きましたが、作詞編ベース録音編エレキ録音編と制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回はスピード・メタル的にハードなアレンジの曲です。今回もオリジナルのイラストを使った動画を作ったのでご覧ください。


リンクはこちら → https://youtu.be/BltRHgs202s

3曲続けてハードなボカロ曲になりますが、今回がもっともハードです。バスドラがドコドコと連打するこの手のパターンは、自分のエレキの演奏スタイルとしてはもっとも好きで得意なパターンですが、作曲としてはちょっと好みから外れます。ボカロ曲としてもさすがにやり過ぎな気もします。

なので、今回はエレキの演奏を優先して作ってみました。激しいバッキングの他にもツイン・ギター的にたくさんエレキを弾きました。アドリブ・ソロもツイン・リード的に2パートです。何も考えずにスピード命でアドリブを弾いてます。

3曲続けて、ハードロック・メタル的なアレンジを取り入れて作りましたが、とりあえず、これで一段落として、またいつものポップなロック路線へ戻ろうと思います。

演奏ですが、ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxon CP-9MXR M80 Bass D.I.+の組み合わせ。エレキはいつものフライングV、アンプシミュはLine 6 Pod2.0でMesa Boogie DUAL RECTIFIER(1994年)です。アドリブ・ソロては、BOSS OD-2で歪みを足してます。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2019年5月~7月) 

Copyright 2019 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(0) 

"僕と君の全てをロックンロールと呼べ" サンボマスター [お気に入りの音楽]

お気に入りのCDを紹介する企画の9回目です。前回はクールなハウス/アンビエント系のMobyのアルバムでしたが、今回はまた邦楽に戻ってサンボマスターの2006年の3rdアルバムです。

僕と君の全てをロックンロールと呼べ.

自分は比較的幅広く音楽を聴いていてますが、中でもシンプルでパンク的なバンドは大体ツボにハマります。サンボマスターもまさにそのタイプです。シンプルなロックですが、メロディーや歌詞が力強く、とても好きです。特に暑苦しいまでの強力なボーカルがカッコいいです。

歌の上手い人や演奏の上手い人はたくさんいますが、やっぱりロックは正確さや美しさよりも鬼気迫る情熱を感じる歌と演奏だと思います。その点、サンボマスターは自分的には満点。一番カッコいいバンド・サウンドだと思います。ライブも煽りがうまくて観客との一体感が物凄くてとても強力です。でも、フェスでの短いライブしか経験してないので、フルのライブに一度は行ってみたいと思ってます。

今回紹介するのは、TVドラマの主題歌にもなって有名な"世界はそれを愛と呼ぶんだぜ"が収録されている3rdアルバムを紹介します。このストレートなタイトルをカッコつけずにカッコよく歌えるのはサンボマスターだけですね。オフィシャルPVがないようで、動画はネットで探したライブ映像です(リンク切れになるかも?)。


nice!(19)  コメント(0) 

オリジナルと模倣 [雑感]

自分は趣味でオリジナル曲を作ってます。オリジナルなので他人の作品の模倣ではなく自分が創造した曲を作るわけです。当たり前のことですが、それが結構難しい。模倣から抜け出しオリジナルを作る。作曲に関わらず、オリジナルなものを作っている人は皆さん同じ悩みを持っていると思います。

Musics

作曲を学ぶためには多くの曲を聞いて理解し頭に入れていく必要があります。そのお勉強の過程で、誰もが知っている名曲の数々も頭にインプットされていきます。そして、自分が作りたいジャンルは自分が好きで聞いているジャンルでもあり、それらの曲も強くインプットされていきます。

何とか、お勉強をして作り始めると、どうしてもそれらの曲の影響が出てしまいます。自分でも「似ちゃったかな?」と薄々感づいているものの、出来た曲を第3者に聞いてもらった時に「〇〇に似てるね」と言う感想が、結構、グサッときたりします。

実際、ドレミという限られた範囲で作られるメロディーは、無数にあるわけではありません。プロの曲でも似たような曲はいくらでもあります。フレーズの一部やリズムやアレンジを抜き出せばいくらでも同じものはみつかるでしょう。でも、そのように楽譜として抜き出した時に似てる・似ていないと言うのは無意味なのかもしれません。

多くの人を感動させる曲には決して模倣とは言えないオリジナリティーがあります。それは、多分、その曲に込められた強い思いが聞き手に伝わるからだと思います。人の思い・感情と言うのは音符にも数値にも言葉にもできませんし、無限に多くの思いがあります。曲にその思いが表現できれば、唯一無二のオリジナルとなり多くの人を感動させることが出来るのかなと思います。

逆に作曲の初心者の頃は、インプットされた知識から音だけをなぞって曲を完成させるのに精一杯で、曲への思いのようなものを表現する余裕がないと思います。多くの曲を作っていくうちに、少しずづ表現したい思いと実際の音の関係が分かってきてオリジナリティーが生まれるのだと思います。

では、どうやって、その思いを曲に乗せるか? それを探してオリジナル曲を作り続けているわけですけど、やっぱりその答えは分かりません。誰にも分らないのかもしれません。作曲に限らず、多くの芸術はそうなのかもしれませんし、誰にも分らないからこそ感動があるのかもしれませんね。

nice!(17)  コメント(0) 
前の5件 | -