So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

好きなバンド・歌手 [雑感]

今回は自分の音楽の趣向についてつらつらと書いてみます。このブログでもお気に入りのCDを紹介してますが、結構、バラバラだと思います。そのあたりを書いてみます。

Favorites

自分の音楽の趣味は基本的にロック・ポップスですが、大きく分けてメタル系、テクノ・エレクトリック系、女性ボーカル系の3つのジャンルだと思います。自分はギター弾きでもありますが、楽曲でギターはあまり興味がなく、聴くのは歌が中心です。あと、クラシックも好きですが今回は割愛します。

メタル系と言ってもデス・メタルからメロディアスなものまで結構幅広いです。また、メタルではないですが、同じように過激なハードコア系のパンクも好きです。

テクノ・エレクトリックは、ビッグビート的なリズムが激しいのが好きで、ジャンルは全く違いますがメタル同様にゴリゴリの激しいリズムと言う点で、自分的にはあまり境目がなく聴いてたりします。

女性ボーカルは癖のある声や歌い方の人が好きです。そのツボにはまれば曲調にこだわりは少なく、アイドル系もばっちりOKです。ちなみに、メタルやテクノも癖のある女性ボーカルだとベストです。

もう一つの面は、かなり新し物好きだということです。もちろん、音楽を聴き始めた学生の頃の古いバンドや曲に思い入れがないわけではないですが、今ではあまり聴きません。時代毎の新しいバンドに食指が動きます。毎日のようにFMラジオやネットで新しい曲をチェックして、気に入るとCDを買って聴き込みます。

音楽は流行り廃りが早いので、特定のジャンルやバンドだけに興味が集中すると、次第に聴くものがなくなってしまいます。実際に80年代後半にメタルが死に絶えて21世紀になって新しいバンドが出始めるまでの空白期間は、メタル系は全く聞かずに当時流行りのテクノ系やパンク系を聴いてました。特定のバンドが好きと言うこともなく、いろいろなバンドの旬の時期のCDのみを買う感じです。

こんな感じなので趣向がかなりバラバラになってしまいます。ただし、自分は作曲が趣味なので幅広いジャンルを聴くことはとても勉強になるし必要な事なので、必然的にこうなってしまうのかもしれません。

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

音楽で感動するということ [雑感]

自分は作曲を趣味としてますが、普通に聴く方もとても好きです。なぜ聴くかと言うと(月並みと言うか恥ずかしいですが)感動したい、心を動かされたいからです。でも、自分のようなおじさんになると珍しいようです。そのあたりをつらつらと書いてみます。

NewCDs


音楽に限らず、多くの芸術が人の心を動かすのは事実だと思います。でも、自分のようなおじさんになると、周囲の同世代で感動を持って音楽を聴いてる人は見当たらないですし、広いネットの世界でもとても稀です(ネットは実年齢が分からないので本当のところは分かりませんが、、、)。

おじさん・おばさんになると、いろいろと忙しいですし、ライブはもちろんCDを買ったりもしくなる人が多いようです。多くの人が青春時代に音楽から感動を得ていると思いますが、歳を取るにつれて忘れていきます。また、若い頃に聴いたバンドや曲のイメージから離れられないというのもあります。いつの日か「最近のバンドは聞けたもんじゃない」と思うようになってしまうようです。それが歳とともに薄れていく感受性と言うものの宿命なのかもしれません。

また、能動的に美術館などに行かないと体感できない多くの芸術と異なって、音楽は実際の演奏会(ライブ)に行かなくてもTVなどの周囲から否応なく聞こえてしまいます。歳を取るにつれて日常生活で聞き慣れていき、あらためて聴いて感動するというのが難しくなってしまう傾向があるように思います。それで、実際の演奏を聴きに行かなくてもいいやとなって、ますます感動を得る場から離れてしまいます。

自分の場合はいまだに新しいバンドや曲を聴いて「これはすごい」と感じることが続いてます。大体、2、3年毎にお気に入りのバンドや歌手が現れます。結構、聴くジャンルの幅が広いので、一つのバンドに固定されないのが、新しいバンドへ耳が向く要因かもしれません。また、作曲が趣味なので感受性を保ちたいという欲求がそうさせているのかもしれません。でも、単に移り気なだけかもしれませんし、頭の中が子供のままなのかもしれません。

タグ:音楽 感動
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

作曲作業の様子 [雑感]

以前、ヘッドフォンの話題を書いた時に録音部屋での作業の様子を書きました。今回は、趣向を変えて、録音部屋以外での作業の様子を書いてみます。

Practicing guitar

作曲や録音の作業場所は大きく分けて2か所になります。録音機材を使わない作業は家族のいるリビングで、機材を使う作業は専用の録音部屋にこもって作業をします。いずれも、深夜(11時以降)は作業をしないことにしていますが、音漏れ(近所迷惑)のためというより、徹夜にならないように自分の健康管理のためです。

ギターの練習や作詞、作曲、ボカロの打ち込み(調声)は、家族のいるリビングで作業をします。練習など、録音以外でエレキを弾く時はアンプを通さずに生音です。大抵はリビングで弾いてます。家族がTVを見てたりしますが、ちょっと細長いリビングの両側に座るので、お互いにあまり気になりません。クラシック・ギターもよく弾きますが、こちらも生音は小さいので大丈夫です。アコギは音が大きいのでリビングで弾くのは無理ですが、元々、録音以外では弾かないので問題ありません。

作詞や作曲時は、クラシックかエレキで音を出しながらになりますが、同じようにリビングで作業をします。ただし、家族が見ているTVでCM等で大きな音で曲が流れてくると、音程がつられてしまので作業がやり難いです。作業を中断するか、ちょっとTVの音を小さくしてもらったりしてます。作曲時は口ずさんだり、鼻歌を歌ったりになりますが、これも大きな声で歌うわけではないので大丈夫です。

録音部屋にある古いPC(Mac)はボカロのアプリが対応してないので、リビングに置いてある最新のノートPCでやります。この作業だけはヘッドフォンをして作業をします。さすがにボカロの女の子の声が流れ続けるのは、家族も苦痛だと思っての配慮です。

いずれの作業も録音部屋にこもって一人でやることもできますが、元々、作曲は孤独な作業なので録音機材を使わない作業は家族のいるリビングでやるようにしてます。特に、作詞や作曲は非常に集中力が必要なだけに、長時間続けることは困難です。短時間集中して、合間に家族と話したり、いっしょにTVを見たりして頭を休めながらやるのが、結果として効率が良いようです。

と言うことで、録音部屋以外の作業もほとんどヘッドフォンを使わずに作業しています。演奏でも録音でも爆音を出してやるものと考えている人もいるかと思いますが、逆に大きな音を出さなくても作業ができることが長続きの秘訣かもしれません。

タグ:作曲
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

どんな曲を作る? [雑感]

オリジナル曲を作るにあたって、どのような曲を作るかはとても難しかったりします。もちろん、趣味でやっているので「自分が作りたい曲を作る」なのですが、実際には作りたい曲が作れることは稀です。どんなに作曲やアレンジの修業を積んで、どんな曲でも作れるようになったとしても、歌や楽器の演奏の技量により出来ることが限られてしまうからです。

Notes!!!

例えば、どんなに感動的なバラードを作っても、それを歌いこなせるボーカルがいないとそうはなりません。逆に、超上手いボーカルが歌えばそれなりの曲でも多くの人を感動させることができます。
そして、作っている本人も両者の境目は微妙です。頭の中で感動的なバラードが思い浮かんだとしても、本当に曲が良いのか、上手いボーカルが歌っているのを想像しているだけなのかを判断するのはとても難しいのです。楽器の演奏でも同じことが言えます。

特に、歌や楽器を他人に演奏してもらう場合は、その制約が大きくなります。その演奏者の技量の制約の中で演奏を引き立てる曲にしないと目も当てられない結果になってしまいます。また、自作自演の場合は、自分の演奏技量に合わせて、、、となります。自分もそうですが、多くの作曲者は作曲やアレンジの習得に膨大な時間をかけているので、歌や楽器の練習は十分に出来ていないと思います。なので、やはり作りたい曲が作れないのが普通だと思います。

最近、自分はボカロを使った歌物を作ってますが同じことが言えます。ボカロは自分の下手な歌よりも良いですし、他人に歌ってもらうのに比べれば自由に自分の好みに合わせることができます。しかし、ボカロのキャラクターによって音域、発声、表情力などが限定されますし、本来の人間の歌と比べるとまだ表現力は狭く、歌えるジャンルもかなり制限されてしまいます。

いずれにせよ、どんなやり方をやっても演奏の制約はつきものなので、その中で作れる曲を作るしかないとは思います。それを枠にはまった表現の制約と捉えるか、その中で無限の可能性を探るかは考え方次第かもしれません。と言うことで、作曲に限らずどんな創造的行為にもついて廻る、ちょっと難しいお話でした。


タグ:作曲
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

上手いギターの演奏とは? [雑感]

今回はとても抽象的な話題ですが、上手いギターの演奏とは、、、と言う雑記です。かなり主観的な内容になります。スイマセン。

Shred guitar

ギター、特にエレキの練習を始めると、多くの人は速く弾くこと(速弾き)が大きな壁として立ちはだかると思います。1~2年練習して指が動くようになってもプロの演奏にはどうしても追いつかないことは誰でも体験すると思います。特に、ロック系だと速いフレーズがカッコ良いこともあり、どうしても壁になります。

そのせいか、演奏の技量=速弾きとなりがちです。しかし、演奏は感情を表現するものなので、上手い演奏とは感情表現が多彩なことです。もちろん、速弾きができる余裕がないと感情表現は難しいですが、速さだけでは表現はできません。それには、発音の微妙なタイミング、強弱、ビブラートなどの音の時間的変化、そして多彩な音色の弾き分けなどの総合的な技量が必要です。

どれも重要ですが演奏の技量で最も差がつくのは音色だと思います。例えば、バイオリンやピアノなどの一流のクラシックの演奏を聞くと、アマチュアの人とは全く異なる綺麗な音色を出します。曲調によって、また一音毎にも大きく異なる音色を弾き分けて、本当に多彩な音色です。

エレキだとエフェクターやアンプなどの機材によって音色を変えることができるので、つい技量で音色を弾き分けることがおろそかになりがちです。ただし、機材による音色変化は1音1音の音まで変えられるわけではないので、感情表現にはなり得ません。なので、それに頼ると平坦な演奏になりがちです。

実際のところ、右手と左手だけでどれだけ多彩な音を出せるかは、初心者・中級者のうちは体感できないかもしれません。何年も弾き続けて、ある日、「そういう事か!」と気が付くものです。多くの楽器では初心者が音を出すだけでも大変なので音色の重要さは初心者のうちから実感しますが、エレキは始めから容易に音が出せる楽器なので、一番大切な音色をないがしろにしがちなのかもしれません。

自分自身の経験ですが、速弾きなどの技量は練習量に比例して身に付きますが、音色などの感情表現はそうもいきませんでした。30年以上弾き続けてきて、最近、やっと分かり始めた感じです。重要なのは楽器と一体になることのような気がします。そのために重要なのは、一つの楽器や機材を使い続けることだと思います。分かってくるとピック一つでも変えるのは難しいです。


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

メロディーが浮かぶ時:テーマ編 [雑感]

以前もメロディーを作るシチュエーションについて記事を書いたことがありますが、今回は少し異なった観点で書いてみます。作曲という目に見えない作業なので、今回もとっても抽象的ですが、、、。

Music & Theme

作曲から始めるにせよ、作詞から始めるにせよ、作り始める時には何かしらのテーマがあります。それは、とても抽象的なことで「思い」のようなものです。何かしらの感情を曲で表現したいと言う「思い」です。自分自身のことであれ見聞きしたことであれ、生きていれば何かしら心が動かされることがあり、その「思い」をメロディーとして形にすることが作曲だと思います。

ただし、悲しいことがあったから悲しい曲を作ると言う単純なものではありません。自分自身の悲しい事でも他者からの観点で切り出せば勇気づける明るい曲になるかもしれません。感情と言う不確かで揺れ動くものを切り出すので、感受性があればいろいろな側面から見ることができます。

文章に例えると分かりやすいと思います。単純に切り出せば日記のように表現の幅が狭いものになりますし、そこに独自の考えを入れればエッセーに膨らみます。さらに想像力を働かせれば小説にもなるでしょう。このように、単純な感情が複雑な思いへ成長していくと作品のテーマとして固まってきます。

さらにそのテーマを頭の中でメロディーや詞のイメージへ変換していくわけですが、この変換作業が最も難しいと思います。頭の中の感情はとても複雑ですし刻々と変化していきます。とても多種多様で膨大です。それに対して、頭の中にストックされているメロディーや詞のアイデアは有限です。これまでに聴いてきた膨大な曲からほんの一部が知識として自分の頭の中にストックされているにすぎません。

テーマに対して当てはまるストックがないと形にならないので、何年も作曲をやっていてもいつも苦労します。自分の頭の中にあるストックの少なさを痛感します。ストックを増やすには、とにかく、たくさんの曲を真剣に聴くしかないですね。作曲に限りませんが創造的な作業は、そういうものだとは思います。

余談ですが、感情とメロディー・詩の膨大な対比表があれば曲が作れてしまうとも言えます。人間が習得するのは何年もかかりますが、コンピューターが発達して、過去の膨大な作品を入力すれば意外と簡単にAIが作ってしまうのかもしれません。ちょっと恐ろしいですね。


タグ:作曲 テーマ
nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

アレンジノート [雑感]

今回は曲作りにまつわる雑記です。アレンジ中にメモ書きをしているノートを御紹介します。作曲をしている他の人にとっても参考になるかは微妙ですが、自分としてはなくてはならないアイテムです。

Arrange notes
以前も何度か書いてますが、曲作りの際、メロディーとコード進行は五線譜にメモ書きし、詞はレポート用紙などにメモ書きします。アレンジが固まった後、ギターなどの録音前に、それらを五線譜に清書して、アレンジのミス等を最終確認します。

これとは別に、アレンジ作業は、自分が「アレンジノート」と呼んでいるノートにいろいろと書き込みをします。例として先日アップした「君がいる街へ帰ろう」のページを掲載します。メモ書きなのでかなり字が汚いです(スイマセン)。

Arrange note 5

ざっと書いてある内容の説明です。左ページの上は使用したシンセサイザー等の音色、下側はサンプリング素材の元ネタやボーカロイドの声の設定です。右側の上部は、ギターやベース等の録音時のエフェクター等の設定、下側はミックスダウン時のエフェクター等の設定です。PC内やデジタルミキサー(YAMAHA 02R)内のエフェクターやイコライザーなど他にも設定はたくさんありますが、それらは特殊な使い方の場合のみ書きます。

昔々、多くの機材がアナログの時は、それらの設定を保存・再現することができなかったため、このメモを書く習慣がつきました。現在は、自分の(20年前の)古いシステムでも、多くはPCや各機材に設定を保存できるのでメモをしなくても設定は再現できます。ただし、今でもギター用のペダルエフェクターなどのアナログ機材は設定を保存できないのでメモは必須と言えます。また、演奏動画など、ちゃちゃっと録音してしまいたい時は、わざわざメモリーに保存するより設定をメモってしまった方が楽だったりします。

ただし、このメモを続けている最大の理由は、アレンジの全体像を見渡すのに便利だからです。もちろん、PC上に設定やメモを書くこともできますが、いろいろ試行錯誤をするアレンジ作業では、つい後回しにしてメモリーへの設定保存やメモ書きを忘れがちです。やはり、紙に適当に殴り書きする方が簡単です。

あと、一番、便利なのが過去と同じような設定・音色を使いたい時です。わざわざ、PCで過去のプロジェクトを立ち上げなくても、ノートだと一瞬で確認できます。また、いつも似たような音色を使わないようにと言う意味でも、過去の設定を一望できるのは便利です。

と言うことで、自分なりにたどり着いた曲作りの道具、アレンジ・ノートの解説でした。


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音楽生活の過ごし方 [雑感]

今回はとてもどうでも良い雑記です。自分は週1回のペースで音楽に関したブログを更新していますが、その日常を書いてみます。誰も興味はないとは思いますが、、、。
 
Cycle & Flower 
 
自分は、それなりに残業がある仕事をしているので、基本的には平日に趣味はやりません。なので、音楽やブログは週末の土日の活動が主になります。基本的に引き籠り(?)なので、週末は在宅してます。

休日の過ごし方ですが、天気の良い午前中は小さな庭で花壇や家庭菜園の世話に励みます。その後、家族と週末のまとめ買いの買い物とランチやお茶でのんびりします。そして午後は運動と散歩を兼ねて1時間ぐらい自転車に乗ります。行先は駅周辺で自分の買い物や本屋を覗いてから公園で一休みと大体コースが決まってます。ディスクワークが主の仕事なので、こんな感じで週末は体を使うようにしてます。

で、いつ音楽をやっているかですが、庭仕事、買い物、散歩の合間に1時間ぐらいずつちょこちょことやり、後は散歩から帰った後、夕方から就寝前(夕食時を除く)に集中してやります。普通の人がTVなどを見てくつろいでいる時間帯に音楽をやっている感じだと思います。雨降りの日は庭も自転車も出来ないので音楽活動が進みますが、読書も趣味なので雨読晴耕で読み始めると音楽活動が停滞します。

こんな感じなので、音楽をやる時間は土日の2日間合わせても平均で数時間と言うところだと思います。1曲作るのに週末が3~5回ぐらいなので、その数時間はかなり高密度で作業をしていると思います。逆に、難しい曲をやり始めて、丸1日続けて作業をしたりすると疲れ果てて倒れそうになってしまったりします。

ブログの方ですが、基本的に週末にやったことを区切りの良いところで音源化して記事にし、次週の土曜日に予約公開する流れでやってます。ただし、作業が進んだ時は、1回の週末で2~3回分の記事にすることもあります。また、遠出の外出や所用で作業が進まない週もあるので、音源のない(今回のような)雑記的な記事をいくつかストックをしています。

週末に高密度で作業ができるのは、オリジナル曲の製作だからだと思います。曲のアイデアを考えることは、静かな環境ならいつでもどこでもできます。車通勤で朝は渋滞で1時間弱かかるので、参考になる曲を聴いたり新曲の構想を考えたりと、特に車の中は音楽漬けです。その他、ちょこっと時間が取れれば、同じように聴いたり考えたりと、平日にアイデアを頭の中で熟成させておいて、週末に一気に音に仕上げることが秘訣だと思います。実際に音を出すのは週末の限られた時間だけですが、そう言う意味では、毎日、音楽三昧とも言えますね。

と言った感じで長く音楽と付き合うために行き着いた自分なりの生活のリズムでした。


タグ:音楽 作曲
nice!(22)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

打ち込みと演奏表現 [雑感]

先週の公開したオリジナル曲、"Stardust In The Woods"について、つらつらと書いてみます。とは言っても、今回は制作記ではなく、打ち込みについての雑感です。

"Stardust In The Woods"は自分としては珍しいピアノソロ曲でした。ピアノはほとんど弾けないので、打ち込みの演奏です。いつものギターが中心の曲でもドラムなどで打ち込みをやりますが、あくまでも脇役なので難しい演奏表現を打ち込むことは少ないです。演奏表現は実際に演奏するギターの方で頑張ります。しかし、ピアノソロ曲では打ち込みのピアノしかないので、打ち込みにより100%感情を表現をしなければなりません。
 
実は、ピアノは他の弦楽器や管楽器のように音階以外の音程を出したり、ビブラートのように時間的に変化したり、演奏法により多彩な音色を使い分けたり、、、などなどがないので、実は打ち込みとしては一番簡単な楽器です。

とは言っても、多くの人が打ち込みは難しいと感じると思います。ピアノロール表示のPCの操作自体は、そんなに難しくはないと思いますが、操作を覚えてもなかなか思った通りに演奏できないと思います。結局のところ、PCを操作しているとは言え音楽を演奏するのには変わりなく、音のタイミング、伸ばし方、強弱、音色など楽器を演奏して覚えることを同じように覚えないと打ち込めません。実際に楽器を演奏するのと違ってフィジカルな技量はいりませんが、耳(脳)の技量がないと思ったように打ち込めません。

余談ですが、シンセサイザーに比べてボーカロイドの打ち込みの方が簡単です。前後の音程や発音により、かなり自動的に人間らしい表現をしてくれるからです。初心者がボカロから始めるのは、とっつきやすさでは良い選択だと思います。

話は戻って、"Stardust In The Woods"。自分はピアノは弾けませんが、耳はそれなりに出来てきたかなと思い、あえてピアノソロ曲を打ち込みでやってみました。繊細な強弱やテンポの揺れなど自分なりには感情表現ができたと思います。

打ち込みのピアノロール・ウインドウ
1曲分の音が整然と並んでます。上下が音程、左右が小節(時間)、下段の棒グラフが音の強さです。
Stardust Pianoroll 1 
 
イントロのみを拡大
実際には、音のタイミング、長さ、強さ、すべてが微妙に違うのが分かると思います。自分の頭の中で鳴っている演奏になるようにチマチマと修正しているうちに、このようになります。
Stardust Pianoroll 2 
 
で、今回は珍しい企画です。打ち込みでちゃんと演奏さるのとさせないのとではどのぐらい違うかの比較です。"Stardust In The Woods"の打ち込みの演奏表現をすべて削除してみました。テンポ、タイミング、強弱、すべて一定です。

演奏表現のない打ち込み
 
演奏表現のある打ち込み(先週、公開したものと同じです)
 

違いは分かります、、、よね?

(製作期間 : 2016年6月~7)  
 
Copyright 2016 Katsumi Ochiai 

nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

過去記事ベストテン(2) [雑感]

今週、このブログのアクセス数の累計が20万を越えました。おかげさまで多くの方に来ていただいて感謝しています。ブログを始めて4年が過ぎているので20万が多いとも言えませんが、素人のオリジナル曲のブログでこれだけの訪問を頂けるとは思ってなかったので、とてもありがたいです。
 
Brog_PV 
 
平日はガッツリとお仕事ということもあって、音楽活動もブログの執筆・閲覧も週末の限られた時間に限られます。なので、相変わらず記事を書きっぱなしで、皆さんのところへコメントを書いたりのお付き合いはほとんど出来てませんが、「nice!」を頂いた方の記事は楽しく読ませていただいてます。

で、1年前、アクセス数の多い記事のベストテンをピックアップしました。当時は、記事数191、アクセス数13万でした。2番煎じの企画ですが、また過去記事ベストテンです。カッコの順位は昨年の順位、日付の後のカッコ内の数字は各記事のアクセス数です。タイトルに過去記事へのリンクを貼ってあります。
 
1位(4位) ギター改造:ストラト22F化  2014/11/08 <2716
2位(2位) アリアプロⅡ ST-600D (ジェフベックモデル)  2013/06/09 <2438
3位(1位) Guitar Solo <Valve Drive> with Guyatone  FLIP 200F  2013/09/18 <2297>
5位(5位) ROCKMAN X100  2014/04/19 <1938>
6位(8位) フライングV大修理(その2)  2014/03/08 <1659>
7位(7位) シンセサイザー(ラックマウント)  2013/08/24 <1437>
8位(6位) 録音機材(ラックマウント)  2013/08/03  <1408>
9位(10位) 録音スタジオ紹介  2013/07/06 <1138>
 
曲の製作記事にリンクをつけていることもあり、楽器・機材関連の記事が多いですね。そして、ストラトの改造記事がトップに躍進しました。22フレットへの改造に興味がある人が多いのかもしれません。自分も改造をする前にネットで記事を調べましたし。ちなみに最近1年間で最もアクセス数が多かったのは下記の記事です。


演奏動画付きの機材紹介は参考になりますね、、、と言いたいところですが、新品で売ってない古い機材なので記事を見られた人のお役に立ったかは分かりません。

と言うことで、あらためて本ブログへの訪問をありがとうございます。引き続きオリジナル曲の製作を続けますので、よろしくお願いします。


nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽