So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

音楽で感動するということ [雑感]

自分は作曲を趣味としてますが、普通に聴く方もとても好きです。なぜ聴くかと言うと(月並みと言うか恥ずかしいですが)感動したい、心を動かされたいからです。でも、自分のようなおじさんになると珍しいようです。そのあたりをつらつらと書いてみます。

NewCDs


音楽に限らず、多くの芸術が人の心を動かすのは事実だと思います。でも、自分のようなおじさんになると、周囲の同世代で感動を持って音楽を聴いてる人は見当たらないですし、広いネットの世界でもとても稀です(ネットは実年齢が分からないので本当のところは分かりませんが、、、)。

おじさん・おばさんになると、いろいろと忙しいですし、ライブはもちろんCDを買ったりもしくなる人が多いようです。多くの人が青春時代に音楽から感動を得ていると思いますが、歳を取るにつれて忘れていきます。また、若い頃に聴いたバンドや曲のイメージから離れられないというのもあります。いつの日か「最近のバンドは聞けたもんじゃない」と思うようになってしまうようです。それが歳とともに薄れていく感受性と言うものの宿命なのかもしれません。

また、能動的に美術館などに行かないと体感できない多くの芸術と異なって、音楽は実際の演奏会(ライブ)に行かなくてもTVなどの周囲から否応なく聞こえてしまいます。歳を取るにつれて日常生活で聞き慣れていき、あらためて聴いて感動するというのが難しくなってしまう傾向があるように思います。それで、実際の演奏を聴きに行かなくてもいいやとなって、ますます感動を得る場から離れてしまいます。

自分の場合はいまだに新しいバンドや曲を聴いて「これはすごい」と感じることが続いてます。大体、2、3年毎にお気に入りのバンドや歌手が現れます。結構、聴くジャンルの幅が広いので、一つのバンドに固定されないのが、新しいバンドへ耳が向く要因かもしれません。また、作曲が趣味なので感受性を保ちたいという欲求がそうさせているのかもしれません。でも、単に移り気なだけかもしれませんし、頭の中が子供のままなのかもしれません。

タグ:音楽 感動
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

"どこまでも走り続ける" イラスト作成編 [オリジナル曲:制作中]

先週、紹介したボカロ曲 "どこまでも走り続ける"。いつものように製作後記です。作詞編でも書きましたが、今回は初めに動画用のイラストを描いてから、そのイメージで曲や詞を作りました。それもあって、今回は曲の製作記ではなくて、動画に使っているイラストの製作記です。


ボカロ曲を作るようになってから曲に合わせた動画を作るようになりました。歌物なので動画で詞を表示したいと思ったからです。そのためにイラストを描き始めました。始めは、ありもののオフィス系のアプリとマウスで人物を描いて背景は適当な写真を加工と、かなり片手間で描いてました。

しかし、描いているうちにもっと上手く描きたいと欲が出てきて、昨年末にペンタブレットとペイント・ソフトを導入して、本格的にお勉強を開始。今回が3作目のイラストです。元々、絵を描くのは好きだったものの本格的に描いたことはなくて下手でした。しかし、ペイント・ソフトの威力は絶大でイメージ通りに描けるようになってきた気がします。でも、構図をゼロから組み立てるのは難しくて、いろいろとネットで写真をあさって参考にしてます。

と言うことで、まだまだ初心者のイラスト描きの様子を簡単な動画に編集してみました。描き方が正しいかは分かりませんが、素人のおじさんでも3作目でこのぐらいは描けるという参考にはなるかと、、、。



リンクはこちら → https://youtu.be/A7isJSVvkGw

作曲の本題に戻って。いつものようにトラックの構成も書いておきます。

どこまでも走り続ける Pianoroll

 シンセサイザー ドラム Roland XV-3080 : 1トラック
 シンセサイザー シンセ類 Roland XV-3080 : 5トラック
 サンプリング スネア : 1トラック
 ベース : 1トラック
 エレキ・ギター : 3トラック
 ボーカロイド : 3トラック

(製作期間 : 2018年4月~2018年5月) 


Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"どこまでも走り続ける" feat. MEIKO [オリジナル曲:ボーカロイド]

作詞編ベース録音編エレキ録音編と制作過程を紹介してきたボカロのオリジナル曲が完成しました。今回は速いテンポと歪んだギターとベースで勢いのあるアレンジの曲です。今回もオリジナルのイラストを使った動画を作ったのでご覧ください。


リンクはこちら → https://youtu.be/BDBvRbvohPA

聞いていただけると分かるかと思いますが、今回はガッツリと歪んだギターのバッキングとバリバリのベースを生かした低音重視のミックスなど勢い一発のアレンジ。かなりの路線変更をしてみました。曲の長さも3分にも満たなくて、曲名通りにあっという間に走り抜けてしまう感じの曲です。

実は前回の曲の後、次にどんな曲を作るかでかなり迷ってました。迷った挙句、シンプルに好みの感じでやろうと思ったらこうなりました。やっぱり、自分は速いテンポの曲が大好きです。でも、反動で次は遅い曲かもしれません?

演奏ですが、ドラム、シンセは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxon CP-9でコンプをかけ、MXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。エレキはいつものフライングV、アンプシミュレーターはLine 6 Pod2.0でMesa Boogie DUAL RECTIFIER(1994年)のシミュレートです。ボーカロイドは、MEIKO V3です。

動画と同じ音源ですが、いつものようにMP3もアップしておきます。



(製作期間 : 2018年4月~2018年5月) 


Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"どこまでも走り続ける" エレキ録音編 [オリジナル曲:制作中]

作詞編ベース録音編に続いてボカロ曲の製作の続き。今回はエレキのバッキングの演奏を動画で紹介します。

今回の曲はちょっと路線変更して、かなりアグレッシブなアレンジに挑戦してます。エレキの演奏も変えました。ここ1年ぐらいはマーシャル・アンプ系で歪み抑えめの音色がお気に入りで多用してましたが。今回は久しぶりにメサ・ブギー系でガッツリと歪んだ音色でエレキを前面に出す予定です。

難しい演奏はしてませんが、過激に歪んだ音色でアレンジにメリハリをつけるのは、フレーズの選び方などでちょっと難しかったです。特に速いテンポ(BPM=218)なのでダウンピッキングはかなり大変でした。自分は8ビードのダウンピッキングはBPM=220が速度的に限界なので、ギリギリなんとか弾き切りました。

前回のベースの録音もそうでしたが、速い曲は録音が大変ですが、やはり大好きな曲調なので弾いていて楽しかったです。

動画の演奏ですが、前回のベース編と同じ1回目のサビからの抜粋。ドラム、ベースは前回と同じ。エレキはいつものフライングV、アンプシミュレーターは、Line 6 Pod2.0でMesa Boogie DUAL RECTIFIER(1994年)のシミュレートです。録音作業中の動画ですが、音の方は何テイクか録ったものを編集しています。


リンクはこちら → https://youtu.be/2XyNeLkowQ8

(製作期間 : 2018年4月~)

Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"どこまでも走り続ける" ベース録音編 [オリジナル曲:制作中]

先週の作詞編に続いてボカロ曲の製作過程の紹介。今回はベースの録音を動画で紹介します。

今回は、今までとアレンジを変えました。今まで通りにポップでパンクなロックですが、歌詞の雰囲気に合わせてとにかく勢い重視のアレンジ、押して押して押しまくりの演奏です。テンポもBPM=218と早く、ベースもスピード感重視でバリバリと弾いてます。

とは言うものの、あまり得意でないベースでBPM=218のテンポは演奏が厳しかったです。前曲に続いて、チューニングをDrop-Dにしたこともあって、特に右手のフィンガーピッキングが難しかったです。体力的にもギリギリで、かなり細切れで少しづつ録音をして、なんとか弾き切りました。とは言うものの、大好きな曲調なので苦しいながらも楽しく弾くことができました。

動画の演奏ですが曲の途中、1回目のサビから1コーラス目の抜粋です。体力が厳しいこともあって動画は短いです。ドラムは打ち込みのシンセ(Roland XV-3080)。サンプリングも使ってます。いつものベースMaxon CP-9でコンプをかけMXR M80 Bass D.I.+で歪ませてます。録音作業中の動画ですが、音の方は何テイクか録ったものを編集しています。では、どうぞ!



リンクはこちら → https://youtu.be/gDjvKVbGzFo

(製作期間 : 2018年4月~)


Copyright 2018 Katsumi Ochiai

nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽